ブログ

サイト管理人のブログです。

いいね! していただけると、励みになります。よろしく~(^_^)

柿農園の日々

夢にむかって

 若い頃は明確な目標はなく、ただ漠然と生きていたとおもう。

 ただ、漠然とではあるが、人が生きるということはどういうことなのか、よりよく生きるためにはどうしたらいいのか、この世界はどうなっているのか、宇宙の構造はどうなっているのか、というようなことを自分なりに解釈理解したいとおもい、哲学や思想、宗教、などの本を読んだが、ただ漫然と読み漁っただけなので、そのひとかけらさえも把握することはできなかった。

 ただ漠然と生きているということは、行き当たりばったりに生きているということで、息をついているから生きているというに等しく、支えるものが何もなく、不安だった。それでは上手く生きていくことはできない。内面的な精神葛藤や職場の人間関係の悩みなどが重なって、体調に異常をきたした。四回に渡る胃十二指腸潰瘍での入院を余儀なくされ、椎間板ヘルニヤを病み数年通院した。

 四度目の胃十二指腸潰瘍のときは胃の幽門近くに十円玉大の潰瘍があって、手術を勧められた。しかし、私は身体にメスを入れることに抵抗があった。医師がつぶやくように言った、
――潰瘍は大きいが深くはない、薬でも治せるが二ヶ月かかります、手術なら三週間で退院できますよ

 という言葉の前の部分に飛びついた。

――二ヶ月かかって結構です、薬でお願いします

 二ヶ月の入院の過程で、私は生活態度を大きく転換させた。それまでの生真面目といえるような態度を捨てることにしたのだ。十年ぐらいの間に十回以上胃十二指腸潰瘍に冒され、そのうちの四回が入院加療だったのである。このままではダメになり、その先には死があると本能的にかんじた。

 私は不良入院患者の仲間に入った。中には病院を抜け出して焼き肉を食べに行く豪の者もいたが、私はそこまではしないが、夜な夜な女性患者と話し込むとか、夜のドライブに連れて行ってもらうとか、ぐらいだったが、品行方正を捨ててみると肩の力が抜けて楽だった。病気にもいいことがすぐに身をもって認識できた。

――学校の先生のくせに

 そう蔭で言われ始めたのは分かったが、元の生真面目、品行方正に戻ることはなかった。
 二ヶ月でめでたく退院し、それまで飲まなかったアルコールも嗜むようになった。以来、胃十二指腸潰瘍から卒業し、二度と罹ったことはない。

――病気になったから、アルコールはやめるというのがふつうだよなあ、それが病気になったから酒を飲むなんて、あべこべだけど、斎藤君らしくて面白いよ

 と、友達に揶揄われたものである。

 私は酒を飲むことによって、十年来の病から解放されたことになるが、これは酒が治療薬となって病気を治したわけではない。酒によって肩の力がとれ、要するにストレスが解消され、結果として病気が治ったのである。

 このときもはっきりとどう生きればいいか分かったわけではなく、ただ今までの生き方ではどん詰まりになるということが分かっただけで、生真面目をやめてちょっと羽目を外してみただけだった。

 しかし、考えてみるとこれは私にとっては大きかったのかもしれない。

 私は世界や宇宙の構造を思考分析認識するといったことはとてつもないことで、自分の知力、能力を超え、不可能であることがわかった。

 それからは哲学書やお経などの堅苦しい読書はやめ、自分の出来ること、好きなことをやることに決めた。

 母親が夏目漱石全集という布表紙の分厚い本を持っていた。嫁入りのときに持ってきたのである。総ルビだったので、小学校一、二年のときに「坊ちゃん」や「吾輩は猫である」を読むことができた。「坊ちゃん」は面白くて何度も読んだが、「吾輩は猫である」は面白いのは前半の部分だけで、後は理解できなかった。他の作品は難しくて読めなかったが、自分もいつか小説を書きたいとおもったものである。

 そのおもいはずっと持ちつづけ、二十九才になってから書き始めたのだった。最初の頃は筆が進み、一晩に四百字詰原稿用紙50枚書けたことがある。後で読み直して全くダメなことが分かったが・・・。ペースとしては一日一、二枚ぐらい書くというのが私にとってはベストであるということがそのうちに分かってきた。

 振り返ってみると、原稿用紙100枚前後の作品が20編余ぐらいあり、それ以下の枚数のものが同数程度ぐらいだから、作品数としては少ない方かもしれない。

 夏目漱石を読んでこれぐらい私にも書けるかもしれないと小学生一、二年でおもったぐらいだから、短歌を詠むことが好きだった母親の血を引き継いで書く素質は持っていたのだろう。

 書き始めて十年後ぐらいに妻がアルツハイマー病に罹ってしまい、介護に入ったため、小説の執筆は断念した。小説の執筆には独特の集中力が必要で、介護しながらは無理と判断したからである。しかし、日記を書くかんじでいいエッセイは書きつづけた。介護の日々をホームページのブログに発表し、数年後本にまとめ二冊自費出版した。一冊目は100部でインターネットで販売し完売した。二冊目は500部で350部ほど売れた。

 一冊目は「あなたは不治の病人になぜそんなに冷たいのですか」という長い表題で、病人に冷たく無理解な世間や親族を告発するという怒りの書だった。二冊目は一冊目の余裕のなさや不寛容を反省し、また介護によって悟るところがあって、がらり正反対の内容といってもよい、「介護は楽しく」を上梓した。

 これが朝日新聞の真鍋弘樹記者の目にとまり、取材を受けた。一冊目よりも二冊目の「介護は楽しく」の方が一般受けはよかったのだが、真鍋記者は一冊目の方が作者の本音が出ていて面白かった、と言った。

 介護の様子が、広島の夫の介護をする妻の立場の方とともに、10日間にわたって朝日新聞社会面に連載された。読者の反響が大きく、多くの感想が真鍋記者の元に届いた。そのことがきっかけとなって、書籍化されることとなり、更に取材を受けた。

 「花を――若年性アルツハイマー病と生きる夫婦の記録」真鍋弘樹著朝日新聞社刊が何部発行され、どのくらい売れたのかは分からない。ただ、製薬会社「エイザイ」が主催するエイザイ賞だったか忘れてしまったが受賞したと聞いた。

――本来は広島の夫婦と斎藤さん夫婦が賞金を受けるべきだが、福祉関係に寄付したらとおもうのですが

 と、真鍋記者から連絡があった。私は了承した。

 雑誌「清流」と東京新聞に記事が掲載され、講演の依頼が入るようになり、「介護は楽しく」と題して、大田原市、宇都宮市、那須烏山市、さくら市などで、計20ヶ所ぐらいで話をした。東京国際フォーラムで開かれた訪問歯科医全国大会に招かれて、「家庭での口腔ケアについて」という内容で話したこともある。

 TBSニュース・イブニング5の取材も受けた。家に映写カメラマンが入って、丸二日間朝から晩までぶっつづけでカメラを回していた。そして、特集番組として15分間の映像にまとめられたのだった。なかで私のインタビューが何度か流れたのだが、上手く答えられない部分があったなあ、とおもっていたところ、プロデューサーは、

――いやいや、斎藤さんはめちゃくちゃ話がお上手ですよ、素人でこれだけ話せる方はそうはいないですよ

 と、いった。

 実際に放映されたテレビを見てかんじたのは、15分というのは結構長い時間だなあ、ということだった。

 介護というと、辛く、暗く、苦しく、重い、というとらえ方が一般的だとおもうが、私はあるときから「笑って介護する」と決めたのである。発想の転換というか、逆転の発想、である。結果、注目され、辛く、苦しい、だけではない、明るい、充実した日々を送ることが出来たのだった。

 好きなことのひとつである執筆のうち小説は書けなくなってしまったが、エッセイを書きつづけたおかげで、介護の様子が新聞や雑誌に載っただけではなく、書籍化までされ、またテレビでの放映に繋がったのだから、今振り返ってみると信じられないような気分である。そして何よりもよかったことはそのことで介護が辛く苦しいものではなく、明るく充実したものになったことである。

 私が笑っていれば妻も微笑んでいる。そういうことが体験を通して分かることが出来た。分かるまでには少し時間はかかったが、その過程で私は人間的に成長できたとおもうのである。もし、妻を介護しなかったとしたら、私は鼻っぱしらが強いだけの付き合いづらい嫌なやつで終わってしまったかもしれない。成長させてもらったという意味で私は亡妻に感謝しているのである。

 もう一つ、私の好きなことはギターである。

 子供の頃、友達の家で、自衛隊を除隊したばかりの友達のお兄さんが持ち帰ったギターをつま弾いているのを聞いて、その音色に衝撃を受けた。当時流行していた演歌の一節をポロンポロンとつま弾いただけだったが、哀愁をたたえた、甘く、優しく、切なく、私の耳の鼓膜を愛撫するかのような音色で、心に食い込んでくるようだった。私は一瞬のうちにギターの音色に魅了されてしまった。そのとき初めて心が痺れる感覚を味わった。

 それから数年後、四つ年上の兄が就職して、私にギターを買ってくれた。ギターを欲しがっても叶えられない私を可哀そうだとおもったのだろう。カルカッシギター教則本という本を買い、見よう見まねで弾き方を覚えた。それこそ楽譜の読み方も知らなかったのだから、「一から始める」を地から行ったわけである。教則本を見るだけで、誰にも教わることなく、全くの独学であり、それは今も変わらない。

 20才のとき東京消防庁に就職した。初任給17600円だったことを未だに忘れずにいる。数か月後その給料より高い20000円のギターを買った。半年後胃十二指腸潰瘍で東京警察病院に入院したのだが、病院にもギターを持っていって非常階段に腰かけて弾いていたことを覚えている。いかに私がギターに惚れ込んでいたかを示すエピソードだろう。

 四十代に入ってから、妻の行動の明らかな異変をかんじて病院に連れて行ったのだが、そのときはすでにアルツハイマー病が中度から重度の間といわれるぐらい病状は進行してしまっていたのだった。おとなしく内気で、これといった目標も生き甲斐もないようだったことが発症につながったのかもしれないとおもい、せめて何か趣味を持たせてやりたいといろいろやってもらったのである。その中で唯一興味を示したのがカラオケだった。しばらくは自分でカラオケ教室に通っていたのだが、そのうち一人では行けなくなり、迎えに行くと涙を見せるようになった。それならば私も一緒にいられるようにと入会したのである。当然私も歌う。唄っているうちに、人の作った歌ではなく、自分で作って歌いたいという気持ちが芽生えた。だから、妻を介護しなければ、作詞・作曲して自分で自作の歌を歌うようにはならなかったかもしれないのである。息子に聞くと、カラオケはパソコンで作れるというではないか。

 パソコンを買い、パソコン教室に入ったが2度ほど行ってやめてしまった。自力で覚えなければ身につかないと悟ったからである。カラオケを作るソフトを買い一ヶ月ほどでなんとか曲を作れるようになった。一ヶ月もかかってしまったというと、一ヶ月というのはめちゃめちゃ早いですよ、と言われたものである。

 歌作りでは私の場合は詞を作るのが時間がかかるのだ。詞を書くのは一日で書けることもあれば、一ヶ月かかることもある。しかし、詞さえあれば曲は15分もあれば出来てしまう。ギターをやっていたおかげで、コードを弾きながら言葉を口から出していくと同時にメロディが出てくるかんじなのだ。それを楽譜に書き起こす作業の方が時間がかかるのである。

 それをカラオケにするには、私の場合15~25種類の楽器を使う、たとえばバイオリン、フルート、ピアノ、チェロ、トランペット、等々・・・、その一つ一つの楽器の音を一音ずつパソコン内の楽譜に書き起こしていくのだ。だから一曲作るのに一週間ぐらいかかってしまう。一、二年夢中になって百数十曲作ったものだった。インターネットを通じて他人が作詞したものに曲をつけてやったりもしていたが、時間がかかるので、そのうちに馬鹿らしくなって、人のものに曲を付けることは止めてしまった。

 自分の歌のカラオケを作り、自分で歌ってインターネットにUPした。YouTubeではあまり聞かれなかったが、今はなくなってしまったがGoogle+サイトにUPしたところ信じられないぐらいの再生回数が表示されて、興奮したものである。合わせて11万回。私のプロヒールの閲覧数が一日で1万数千のこともあって、あららら、と驚き、慌てたぐらいだった。ライブに何度か出演したことがあるが、聴衆はせいぜい多くても20~30人程度だった。それが11万回余の再生である。数が何桁も違い、その多さが想像出来ないぐらいだった。しかし、あることから、再生回数の多い少ないは曲の良し悪しには関係ないということが分かって、急に意識が覚めてしまい、ほどなくインターネットにUPすることはやめてしまった。

 他に一時ボーカロイドという女性ロボット歌手といったらいいのか、合成の女性の声に私の歌を歌わせることをやってみたりしたこともあったが、これもやめて、今は元のギター弾き語りに戻って、相方のアロエのネットワーク関係のお客さんや農泊ツアーの生徒さんに聞いてもらっている。

 私は自身で作詞・作曲することも歌うことも好きなのだが、実はクラシック系統のギター曲を作ることも好きなのだ。

 私の中で、執筆はライフワーク、ギターは純粋に自分の楽しみ、という位置づけである。小説の執筆で長いこと目標としていることは、

――生きている間に自分の納得がいく作品を何編か書きたい

――チェホフばりの短編を10編ぐらいは書きたい

 ということである。

 そして、できれば文学好きの人に読んでもらいたい。

 ところでギターの弾き語りは少ないが喜んで聞いてくださるというか、涙ぐまれる方もあって、一定程度の評価があるとおもわれるのだが、クラシック系の曲は何人かの方に聞いていただいても、興味を示していただけないというか、歌のような手ごたえがなく、反応が鈍いのだ。しかし、私はときどき無性にクラシック系統の曲が作りたくなるのである。
 

 このところYouTubeで、クラシックのギター曲を聴くことが多い。何人もの三十代とおぼしき女性のギターリストが難易度の高い曲を、いとも簡単そうに弾きこなしているのに接すると、私にはそんなに難易度の高い曲は作れそうもないが、平易でもいいから、感動的な曲を作って弾きたい、というおもいに駆られるのである。

 それにしても、世界には、難しく、高度な、感動的なギター曲を難なく弾きこなしてしまう弾き手がなんと多いことか、と驚いてしまう。

 私も、自分の頭に浮かんだメロディを即興で難なく弾けるようにと、練習に励んでいる次第である。

 これは人に聴いてもらうためではなく、純粋に自分のために、といっていいのである。

2019年07月20日

自分にいい暗示をかける

 振り返ってみると、おもったり、考えたりしたことは、その通りになっていることが分かる。

 例えば私は妻と一緒になるとき、

――この人と添い遂げる

 とおもったが、アルツハイマー病になり長い介護になったがそのおもいは変わらず、23年という長い介護を全うし、大田原赤十字病院で最期を看取った。最初の添い遂げるというおもいは終始変わらず、そのおもいは現実のものとなったのである。

 若い頃は漠然とした都会への憧れがあり、東京消防庁に就職し、練馬区の三畳間のアパートに入って生活しはじめたとき、夜中まで窓の外が周りの電灯で明るく、また車や何らかの物音が絶えず聞こえ、それに慣れることが出来ず、じきにこれは違う、とかんじた。田舎は夜は暗くなり物音がしなくなるのが普通だったからである。

 それから青山南町の消防庁寮に移ったのだが、そこは更に喧騒に溢れていて、私のストレスは頂天に達した。通勤の途上の電車の中で気がつくと吊革にぶら下がるようにして眠っていることがあって、腰痛も出てきた。身体の不調をかんじ、東京警察病院で診察を受けた。後で誤診だということが分かったのだが、鉄欠乏性貧血との診断で、腰痛の痛み止めの注射を腰に打たれた。結果的には胃十二指腸潰瘍だったのである。

 この頃から自分には都会は向いていないとおもい始めたが、都会生活は三十年以上つづいた。いつか田舎に戻りたいとはっきりおもい始めたのは、妻の介護のために退職して教師生活にピリオドを打ってからからだった。

 六十才になる少し前、新聞を見ていると還暦世代優遇ローンだったか何だか忘れてしまったが、要するに六十才以上を優遇する住宅ローンの広告が目についたのだ。おや、そんなものがあるのか。さっそく栃木県の足利銀行のホームページを紐解いた。やはりあった。

 その頃、妻の介護をろくに手伝わない子供たちにいら立っていた。障害者手帳一級を取得し、介護保険と合わせて誰の手助けがなくとも妻を介護する態勢は整えていたが、心の隅にはもう少し家族の手助けがあればなあ、という気持ちは捨てきれずにいた。しかし、子供たちは私の気持ちなど理解しようともしないように見えた。そのくせ私には過大な期待をしている。六十才を越えたら私は自由に生きる、と心に決めた。子育てはもうとっくに終わっている。子供は子供、親は親、もう子供には縛られたくない。そうおもった。

 足利銀行からいくら借りられるか、足利銀行の優遇ローンのページを詳細に調べた。私と妻の合算の年収が基礎になり、返済は79歳までに終わらなければならないので、最大19年返済になる。約1千万円借りられるようだ。そこまで調べてから、足利銀行の融資の担当者に直接電話して確認した。私の解釈に間違いはなかった。結果的には850万円の融資を受けた。

 栃木の友達に電話して、土地を見て欲しいと頼んだ。インターネットで土地の目星はつけておいた。那須塩原市の実家近くは除外した。いろいろしがらみがあるので煩わしい。新幹線の那須塩原駅近くの100坪300万円、大田原市富士見の50坪300万円、大田原市大和久100坪250万円、などなど。実際に下見してくれた友達によると、新幹線近くの100坪と大田原市大和久100坪は広さはいいが不便だという。大田原市富士見は分譲地の中にあり、スーパーやコンビニが歩いて10分程度のところにあるという。当時住んでいた神奈川県秦野市の自宅は、敷地が42坪しかなかった。田舎では50坪は狭いとおもわれるようだが、私は十分だと踏んだ。予算も限られている。上下水道が完備していることも決め手となった。他の二つは100万円近くはする合併浄化槽を設置しなければならないが、ここは直接下水に流せるのだ。

 土地の購入を決め、建築業者を田舎の甥に紹介してもらった。ここまで子供には内緒で進めた。そして、

――栃木に家を建て、息抜きに月2回ほど行きたい

 と、娘に言った。どう反応したかは覚えていない。

 それから半年ほどして栃木の家は完成に近づいた。私は一時たりとも手を離せない介護の身なので、業者まかせでそれまで一度も見に行くことは出来なかった。業者は不安を感じたようで、

――棟上げのときは都合をつけてぜひ現地においでください、一度は見ていただかないと

 と言った。娘に妻を預け、現地に出向いた。

 バス停から歩いて10分、閑静な分譲地であることも、小さいながらもしっかりした骨組みの家にも満足した。完成後は二週間に一度、妻を娘に託してそこに行って一泊した。
 

 介護自体は「楽しく介護する」と標榜していたので、その言葉通りでつらいとはおもわなかったが、四六時中手が離せず、娘を頼まなければどこにも出かけらないことがつらいといえばいえた。二週間に一度にすぎないが、神奈川から離れて自由に羽ばたくように栃木に行けて一泊できたことは今振り返ってみても至福の時間だったとつくづくおもう。

 夏休みの時期に介護タクシーを頼んで、一ヶ月滞在の予定で大田原市の家に出向いた。ストレッチャーに妻を乗せて、四時間以上かかってやっと到着した。

 あらかじめ依頼しておいた介護ヘルパーが、次の日から来てくれた。神奈川と比べて道は広く、歩いて二、三分のところに公園もあって、神奈川と違い妻を抱えて散歩させるのも何の気兼ねなく出来た。小さくとも居間は17畳ある。これは雨の日に妻を歩かせるため広くとったのである。

 一週間生活して、神奈川には帰らず、栃木に居つづけることに決めた。第一の理由は介護タクシーに乗せて神奈川と栃木を行き来するのは、妻に負担が大きすぎるとかんじたことだ。妻をストレッチャーに載せてベルトで固定しての四時間余にもわたる移動である。痛ましすぎる。それに、介護は病人にも介護人にも、自然環境がいい栃木でするべきだ、とおもえた。電話すると二人の子供はそれぞれに強い言葉で私を非難した。何と言われようと、私は反論しなかった。しかし、私の決意は固かった。心の中で、

――俺は俺で生きる、お前たちの世話にはならない、お前たちももう俺を当てにせず、自分で生きろ

 そう呟いていた。

 3年後妻が亡くなって、兄の勧めに従って、淋しさをまぎらわせるために、当座は十日に一度ぐらい神奈川に出向いたが四、五度ぐらいであとは次第に足が遠のいて、そのうちに行かなくなってしまった。ある親族の連帯保証人になったがために神奈川の家がなくなってしまったということもあるが、現在の同居人と知り合い、やがてその家に移り住んだことが大きい。

 そして現在は全く神奈川に出向いていない。そうなってから、もう五年以上はたつ。
田舎に戻るとおもい考えたことは完全にその通りになったことになる。

ここまで書き綴る途中で、興味深い出来事が起こった。

というのは相方の妹さんのことだ。お腹がしばしば痛み、それもかなりな痛みだっだのだが、我慢して仕事をしていたのだという。しかし、先日七転八倒するような痛みに襲われて救急車を呼んだのである。検査を受けると、胆嚢に胆石があって、胆管に詰まっていたのだった。

 これまで病気らしい病気をしたことがない気丈な方だった。私と相方が一緒になったことを初めに喜んでくださった方で、何度もお会いしているが、勝ち気で気が強いという印象である。整体院を開いていて、私も腰を痛めたとき施術を受けたが、主として肘を使って身体の各部に圧を加え、筋肉の凝りを取って、身体のバランスを整えるという独特のやり方なのだった。1時間半にも渡る丁寧な施術で、私の腰痛はぐっと軽くなったものである。

 胆石を取る手術を受けると聞いて、当然当分は整体も出来ず、弱ってしまうだろうな、というのが私の感想だった。彼女は私よりも二つ年下だから七十代に入っている。七十代になれば肉体的な衰えは否めず、多くが病気をきっかけとしてぐっと弱ってしまうのである。相方は、他の二人の妹と見舞いに行く相談をしていた。

ところが、である。

見舞いになど来る必要はない、という。そして、手術を早めて貰い、明日に決まったという。ええーっ、と相方は驚いて、それでは手術が終わって適当な日を選んでの見舞いにしようと他の二人の妹と電話で相談をし直しはじめた。

 私もそういう方面には疎いので詳しくはわからないが、手術といっても一昔前とは違って、メスで切り開くというのではなく、口から内視鏡を入れて、胆管まで差し入れて何らかの方法で取り除くのかもしれない。例えば石を砕いてしまうとか溶かしてしまうとか。

 そうこうしているうちに、なんと手術当日の夕方、本人から電話がかかってきたのだ。

――手術終わったわ

 ええーっ、と相方は驚いて、

――もう? それで大丈夫なの

――平気よ、明日退院することになったわ

――ええっ、だって手術したばかりでしょ、本当なの

――ホントよ

――でも、術後は経過を見るから退院は三日後になるって言ってたじゃない

――それも早めてもらったのよ

――そんな・・・、

 相方は絶句してしまった。すると、

――姉ちゃん、ワタシ病気なんかじゃないから、たかが、胆管に石がつまっただけじゃない、その石を取ったら、終わりよ、病院なんかやることないから退屈で退屈で、居られないわよ、主治医に頼んだわ、整体の患者さんが待ってるから、早く退院させてくださいって、そしたら、経過をみないとというから、これだけ元気でぴんぴんしているんだから大丈夫よ、といったら、三食食べて何事もなければ退院してもいいです、これは病院の決まりなんですという。だから、夕食もう食べたわ、あと二食、明日の朝と昼食べて、明日の午後にはワタシ退院するわ

 相方はあっけにとられて聞き入るばかりだった。

 手術の前の日、相方が妹さんとスマホでの話の途中で、私に何か言ってやって、とスマホを手渡しされたのである。もしもし、大丈夫ですか、ととりあえず言ってみると、

――いや、酷い目にあいました

 と言うが、とても病人とはおもえない明るい張りのある声なので意表をつかれた。あ、この方めげてはいないな、と瞬間的にかんじた。酷い目というのは、お腹が痛くて七転八倒したことをいうのだろうが、それはもう過去のことになっていたのだろう。

 普通は胆石があると医師にいわれただけで、精神的に打撃を受けて、すっかり打ちのめされて、重病人になってしまう例が多い。それがたかが胆石だととらえ、取ってしまえば終わり、という。強いな、と私はおもい、感銘を受けた。

 後日譚である。

 救急搬送されて手荷物だけは連れ添いに持ってきてもらったものの、見舞いは辞退、聞きつけた数人が病室を訪れたが見舞い金の熨斗袋は全て返したというし、退院後タクシーを使おうとしたのだが、丁度病院前のバス停にバスが止まっていたので、そのバスに乗って帰宅したという。

 何という気丈だろう。

 そして、極めつきは、退院した翌日に、はや整体のお客さんを受け付けて施術したというのだから恐れ入る。相方が心配して電話してもいつも通りの明るさで、応対し、

――だって、あなた手術のとき麻酔したのでしょう

と、相方が言うと、

――それはしたわよ、でも、一日すれば麻酔なんか覚めるわよ

 と平然と答えたというから、痛快というか、あっぱれと言う外はない。こうなると豪傑である。

 ――たとえ肉体が病むとも、心まで病ますな

 言い回しは少し違うかもしれないが、私が敬愛する哲学者中村天風の言葉である。

 凡人は肉体が少しでも具合が悪くなると、めげてしまい精神的にまいってしまい、ますます具合が悪くなってしまうという例が多い。相方の妹さんは中村天風を知っているかいないかわからないが、天風がいうところの真理を身をもって実践しているといえる。

 なぜ凡人が具合が悪くなると精神的に落ち込んで更に悪くなってしまうのかというと、自分で自分に悪い暗示をかけてしまうからである。

 人に暗示を働きかけるものは、言葉、文字、行動、現象、などがあるが、要するに凡人は、胆嚢に石が出来てしまったということは大変なことだ、悪いことだ、更に悪くなってしまうかもしれない、というような自己暗示をかけてしまうのである。つまり自分で自分に悪くなるという暗示をかけているのだ。

 しかし、秀人は肉体が病んでもそれを更に悪くするような愚は犯さない。言葉は特に強烈な暗示力を持っているのだ。例え肉体が病んでも、秀人である相方の妹さんのような人は、胆石という凡人なら怖れる病気でも平然として、胆石がただ胆管につまっただけじゃない、ワタシ病気なんかじゃないから、見舞いに来る必要なんかないわよ、と言うのだから、これは自分で自分に強いプラスの暗示をかけているのである。病気が快方に向かい、治ってしまう由縁である。

 当文の当初の意図は、人がおもったり考えたりしたことはその通りになるということを、私のこれまでの半生のうちの幾つかの例を挙げて、実証したいと書き進めたのだが、その途中で相方の妹さんの話が飛び込んできたのである。

 衝撃的ないい話だったので、これは皆さまにも披露した方が、私のことなんかよりいいかもしれないと、方針を転換して記述した次第である。

 私のこの人と添い遂げるというおもいがそうなったのは、一貫終始自己暗示をかけつづけたからだし、田舎に戻るということも同じである。

 相方の妹さんも重病にもかかわらず、自分は病気ではないと暗示をかけて克服してしまったのだ。

 要はいい暗示をかければよくなるし、先の凡人のように悪い暗示をかければ悪くなってしまうのである。それが真理である。

2019年06月23日

開拓者魂

 私は那須塩原市(旧西那須野町)の三区町出身である。

 そこは那須野が原開拓の村で、私は明治時代に入植した先々代の末裔に当たる。そこの入植者の多くははるばる長野から来たと聞いているが、先々代はごく近隣の現矢板市の片岡からで、生粋の入植者とはちょっと違っていたようだ。

というのは、先々代はとある神社の神主の長男で後を継ぐわけだったが、妻と姑の折り合いが悪く、先々代は妻のために神職を弟に譲って、開拓の村に入植する道を選んだという。着の身着のままの入植者とは違って、いくばくかの財とともに入植したために、水車小屋を持ち、山栗を拾って町でそれを売り帰りにその日の米を買って帰るというような貧しい村人もいたというが、先々代の家族はそれなりの生活が出来たようだった。

この先々代は村の中央に位置する光尊寺という寺の建立に尽力、ために実家のお墓は墓所真ん中奥の一等地を与えられたという。寺には大きな銀杏の樹があって、子供の頃、報恩講という秋に行われる寺の行事に連れられていかれたとき、鐘が突かれるたびにゴーンというその響きの空気振動によって、銀杏の実つまりギンナンがバラバラと落ちたことがいまだに印象深く脳裏に刻み込まれている。

先々代の息子つまり私にとっての祖父は村会議員も務め、困っている人がいると、自分が困っても物を与えてしまうような豪快な性格だったという。母はその祖父に「デビ」と呼ばれたという。デビとは当地では普通額が出っ張っているという侮蔑と揶揄いの言葉なのだが、祖父は息子の嫁に親しみを込めた愛称として使ったのかもしれない。母はデビと呼ばれても、嫌だった様子はなく、祖父には可愛がられたと懐かしそうに述懐したものである。

さて、私は開拓の入植者の末裔であることを普段意識することはないが、折に触れてその血筋を意識することがある。

――斎藤君はおとなしそうな顔をしているが、おもい切ったことをやる、やることが大胆だよ、西那須野の開拓の人にはそういう人が多い気がする。俺のような旧村の人間にはとてもできないことを斎藤君は平気でやるものな

 大田原市の佐久山地区生まれのある友人の言である。

 彼の祖母は佐久山城主に仕える腰元だったとのことで、要するに生粋の旧村の生まれなのだ。

 まだ二十代初めの頃のことで、それまでは私は開拓の村と旧村を比較して見るということはなかったが、彼の言以来意識するようになったのである。

 彼がいうところの私の大胆さというのは、東京消防庁に就職したのに一年で辞め、大学に入りなおして教員の免許をとり、生家から通える学校に就職したのにそれもあっさり辞めて、横浜に行って結婚したことなどを指しているようだった。

 当時はどうともおもわなかったが、東京消防庁を辞めるときも親をはじめとして何人もの人からもったいない何故やめるといわれたし、学校もなかなか入れない地区に就職出来て羨ましがられたものなのに何で、と多くの人から不審がられたものだ。

 横浜に行って結婚しても落ち着くことはなかった。学校を辞めて植木屋になろうとしたが、うまくいかず、学習塾を開いた。しかし、個人でやっているうちはよかったが、人を雇って大規模にしようとして失敗した。後でわかったことだが、私立の学校を横領でクビになった男を雇ってしまい、この男の出鱈目な教え方に苦情が殺到、アルバイトの学生には急に休まれたりもして、塾生が急減し始めた。結局始めた進学塾は二年しかつづかなかった。私は単独ならかなり能力を発揮できるのだが、人材を見極めるとか、人を使う能力、そして自身の経営力はゼロに近いと悟らざるを得なかった。

 安定が一番との妻の願いを聞き入れ、再び教師として東京都に就職した。このころから小説を書き始めた。

 今は下火であまりお目にかかることもなくなってしまったが、小説同人雑誌が隆盛の頃で、ここからプロの作家が多数巣立ったものだ。私も書き始めて間もなく、当時権威のあった文藝春秋社の文学界の同人雑誌評のベスト5のトップに2度あげられた。デビューのチャンスだったのだが、力んでしまい、そのあとがつづかなかった。二番手三番手の文学賞はいくつか貰ったが、それどまりだった。

 ちょうどその頃妻が病を得てしまい、介護に入っていかなければならなかったことも重なったのだが、しかし、それがデビューできなかった原因ではないとおもっている。要するに当時文学的な行き詰まりを打開できなかったということなのだ。

 それから約三十年がたったが、やっとというか力みがとれ、自分なりの文章が書けるようになったな、とかんじる。このブログのいくつかを読み直してみても、そうおもえるのである。

 ところで開拓者の末裔としての血を意識するようになったと書いたが、七十年余の半生は「新たなる挑戦」の連続だったとおもえるからである。

 那須野が原の開拓者は、不毛な那須野が原を切り開き、そこに新たな田畑を作り出したのである。その血筋を改めて意識したのは、十年前現在の住居に相方と同居するようになった前後である。

 当時相方所有の土地は荒れ果てていた。日々の食用に当てるための田畑はともかく、屋敷外の竹藪、雑木林、あぜ道、など雑草や篠や蔦類がはびこり、荒涼としていたのである。要するに相方一人では屋敷周辺の手入れで精一杯だったのだ。交際をはじめて間もなくの頃、彼女が刈払い機を背負って斜面を這うようにして雑草を刈っていく様に、度肝を抜かれた。

ご存知のように刈払い機はエンジンでのこぎり歯を回転させて、雑草を刈るのである。平地だって危険な作業なのだ。それが急斜面である。私は回転するのこぎり歯が何かに当たったり、バウンドしてしまわないかとハラハラしなから見守った。そして、これは何とかしてやらなければ、とおもったものである。

 その頃はまだ同居するつもりはなかったので、大田原市の自分の家から自転車で片道50分かけて通った。朝作業を始め、夕方大田原の自宅に戻る。手始めに屋敷裏手の篠がはびこる200坪ほどの角場を下刈り始めた。篠だけではなく灌木、太い蔦類などが絡み合ってジャングル化していたので、一日一二メートルしか進めない。結局そこを刈り終えるのに一ヶ月ぐらいかかってしまった。

 その途中で開拓者魂が目覚めたのだとおもう。ついでだから、全部やってしまおうと決意し、まずは丘の上にある墓所までの道の篠を刈り始めた。そう、道に篠が生え茂っていたのだから、「道なき道」になってしまっていたのだ。雑木林の下刈り、といっても篠藪と化していた山林全体を退治したといっていい。私は作業しながら、これは開拓だな、とおもった。開拓者の末裔が開拓魂に駆られて土地を開墾している、とはっきりと意識した。

 そして、篠退治を始めて二ヶ月たったころだとおもうが、大田原市から自転車で通うことをやめ、彼女の家に移り住んだのである。もう1時間半もかけて往復するのは無駄だ、と考えたのだ。

 結局土地全体をやり終えるのに半年かかった。

――これだけやるのは大変だったでしょう

 と、言った人は多い。それに対して、私は、

――大変だ、とおもえば、大変になってしまうんです、だから、私は大変だとはおもわないことにしているんです

 と応えることにしている。別の言い方をすると、大変と口にしたと同時に大変になってしまうのだ。ではどうおもい、どう口にすればいいのか。

――楽しい、嬉しい

 でもいいし、

――遣り甲斐がある

 でもいい。そうおもい、そう口にすれば、そうなるということなのだ。

 ともあれ、開拓者の末裔である私はときに開拓者魂が目を覚まし、それは「新しい挑戦」という形で発現するのである。

 私は直接的には聞いていないのだが、今年の初め頃、相方は四十代の中国人のお客さんにこう言われたのだという。

――小口さん、米野菜を作って、民宿やってるだけで、満足していたんじゃだめですよ、発想の転換をするべきです、パソコンだってスマホだって、今は一年じゃなく、半年で変わってしまう時代でしょう、私は日本に来てイオンに勤めたが辞めました、イオンにいたって、長年働いてせいぜい支店長止まりですからね、でもワタシは発想の転換をして、貿易会社を始めたのです、中国人の爆買いに目をつけました、中国人がわざわざ日本に来て爆買いをするんだから、わざわざ日本に来なくていいように、ワタシが買って中国に送って売るのです、今私はその会社の社長です、ハハハ

 なるほど、と私はおもい、その中国人に刺激を受けた。

 考えてみると、私は常に発想の転換を図ってきたようにおもう。

 キャンプ場のすぐ隣の楓林の東側に推定数千本の矢竹があるのだが、矢竹は横笛に向いているとのことだったので、横笛愛好家向けネットショップ「竹農園」をオープンしたのもそうだし、植木屋に貸していた土地を全部返してもらい、柿を100本余植えて、竹農園を柿農園に改名したのもそうだった。

 そして、閃きによって柿農園の丘の上にキャンプ場を開設したのもそうである。

 ところで旧村と開拓村との違いであるが、最近こんなことがあった。地域の役員が何らかの書類を持って訪ねてきた。この人は五十代ぐらいで、旧家の御曹司である。要するにれっきとした旧村生まれといっていいが、相方がキャンプ場の話をすると、こう言ったという。

――そうですか、そんなにお客さんが入ったのですか、しかし、都会の人はどうしてこんなとこでキャンプなんかやって楽しいんでしょうね

 要するに、この方はこの地の良さがまるで分っていないのである。自分たちが住む地の良さが分からなければキャンプに来る人達の気持ち、楽しさも、嬉しさも想像できないたろう。旧弊やしがらみに曇った旧態依然の視点でしか見られないから、この地の素晴らしい豊かな大自然の美しさに気づかないのである。当然この地でキャンプすることの意味など理解できないわけなのだ。

 こういう旧弊やしがらみにどっぷりつかっている人には、私が言うところの新しい発想も、中国人が言うような発想の転換も出来ないに違いない。

 冒頭で友人が言ったところの旧村生まれと開拓の村生まれの違いとは、前者は旧弊や田舎のしがらみにどっぷり漬かってしまっているためにそれに捉えられ身動きが出来ない、要するに自由な発想ができないのだ。それに比べて、後者は既得権益もなければ守るべきものもないので身軽で、動きやすく、新たな挑戦が出来る。皆が皆そうではないだろうが、そういう傾向があるということなのだとおもう。

 ともあれ、開拓者魂で発想した我がキャンプ場は五月の連休予想を越えた入場者で賑わい、現在夏のキャンプの季節に向けて、整備しているのだが、民宿の方にははるばるカナダから予約が入り、キャンプ場もぼちぼち予約が入り始めている。

 キャンプサイトに移植した芝も青く芽が吹き、道に蒔いた芝の種も間もなく芽吹くものとおもわれる。

 二年後ぐらいになってしまうだろうが、全面芝生の丘の上のキャンプサイトや道路をイメージしながら、農作業や整備にいそしむ毎日である。

 

2019年06月10日

カラスと蛇

耕運機で畑を耕し始めると、どこからともなくカラスが飛んできて、すぐそばに舞い降りる。そして、耕運機が耕した畑の土を突っつき始めるのである。一羽のこともあれば二羽のこともある。

 このカラスは私に慣れているというか、私が追い払ったりせず危害を加える恐れがないので安心して近寄るのだろう。場合によっては一メートルぐらいのそばまで来るのである。何をしているのかというと耕運機が土を掘り返したときに出てくる虫やカエルを啄んでいるのである。

 私はカラスが舞い降りると、おー、来たか、と口の中で呟くだけで仕事を続ける。近寄ってくるから可愛いが愛玩するというわけではない。よく見ると、頭も羽も黒く、目は不気味に鋭く、上嘴が下向きに湾曲していて黒光りしている。このカラス私が生ゴミを捨てたあと気配を感じてふっと後ろを振り返ると、もう捨てたばかりの生ゴミをほじくり返していたりする。そんなとき私はぎょっとしてしまうのである。

 うちの愛猫クーは猫としては珍しく、散歩に出ると私の後を追うようについてくることがある。黒猫なのだが、愛犬モモも茶色が混じってはいるか黒い。愛犬モモは散歩に出ると元気がいいので、私が引くというよりも私が引っ張られるようなかんじになってしまう。

 いつか、相方が笑いながら、

――清昭(私の名)さんは桃太郎じゃないけど、家来として犬と猫とカラスをひきつれているのね、どれも黒いから笑っちゃうわ

 という。

――猫とカラスは私の後をついてくるけど、犬は違うよ、犬が私をひきつれているようなもんだもの、ハハハ

 私もいたずらっほく言ったものである。

  カーン、コーン、というような声がすることがある。キツツキである。朝方とか昼頃で、あれ今頃キツツキかと不審をかんじ、周囲を見回すと、電線にカラスが止まっているのが見える。キツツキではなく、カラスがキツツキの真似をして鳴いていたのである。九官鳥やカラスが人間や他の鳥の真似をするという話は聞いたことがあるが、実際に聞いたのは初めてて、私は珍しさに驚くと同時に、てっきりキツツキだとおもったのにカラスだったので思わず笑ってしまったものだった。カラスはどれも似たような顔をしているので断言はできないが、多分よく私のそばにくるカラスである。それからというもの、キツツキというかカラスのキツツキの真似をよく耳にするようになった。キツツキの鳴き声は独特であり、カラスにとっても印象深く真似をするようになったのかもしれない。

 相方と一緒にサツマイモの苗を植える畑を耕していたとき、

――あれ、蛇が死んでるわ

 という。見ると長さ1mぐらいのシマヘビが頭をひっこめた感じで動かないでいる。

 白っちゃけた色でぴくりともしないので死んでいるのかもしれないとおもったが、そのまま作業をつづけた。次の日そこに行ってみると、同じ場所に同じ格好でヘビがいた。そこは畑の端だがサツマイモの苗を植えるところなので、やむなくトウグワをヘビの下に入れて移動するべく持ち上げた。すると、ヘビが動いた。死んでいるわけではなかったのだ。ヘビを畑の外に出した。動きは鈍く、死んではいないが弱っているようだ。元気ならにょろにょろ這ってどこかへ逃げるだろうに、私に出された場所で動かなくなってしまった。私はそのまま作業をつづけ、一時間ぐらいしてからまたそこに行ってみた。ヘビはそのままで腹の一部が何かを飲み込んでいるのだろう、ぽっこり膨らんで、太陽の光にてらてら光っている。太陽の光に晒されたままでは、干からびて完全に死んでしまうかもしれない。私は作業で抜いた根っこつきの草を、ヘビの腹や身体が隠れるようにかぶせてやった。

 動物にも人間にも自然治癒力が備わっている。人間は薬を飲んだり手術をしたりして病気を治す方法を持っているが、動物は自然治癒力に頼るしかないといってもいい。

 我が家の犬も猫も何らかの原因で体の具合が悪くなると、例えば食欲がなくなって元気がないというときはひたすら蹲ってじっとしている。そして、自然に食欲が出元気になるのを待つのである。すると、一日二日たち三日もすると徐々に食べるようになり、元の元気を取り戻すのだ。

 畑に行ってヘビがいるあたりを通るとき何度かどうしているか確かめた。すると、二日たったときヘビの姿がなかった。ヘビもうちの犬猫のように私がかぶせてやった草の陰でひたすら体力が戻るのを待っていたのだろう。シマヘビは田んぼや畑のカエルやモグラや虫などを食べて生きているのだ。人間は蛇というと目の敵にするが、農家にとっては有難い生き物なのである。私はシマヘビが生き返ったらしいことにホッとするものをかんじ、ヘビがじっとしていたあたりを見回してから畑の作業にかかったものである。

 ヘビなど半年ぐらいは見なかったのに五月に入ってから目にするようになり、復活したシマヘビを合図のように立て続けに蛇にお目にかかるようになった。

 サツマイモを育てるのにマルチと呼んでいるのだが、黒いビニルを土にかぶせる。これは草が生えるのを防ぐためのものである。しかし、雑草の繁殖力は凄まじく、ビニルが古くなってもろくなって少しでも穴が開こうものなら、そこから頭を出し繁殖するのである。その畑はビニルを惜しんで古いものを使ったものだから、穴が一杯あったらしく、雑草の繁殖が甚だしく、まるで荒れ地のようになっていた。こうなるとビニルなど張らなかった方がよかったとおもえるぐらいである。なぜかというと、ビニルを張ったままでは耕運機で耕せないから、張ったビニルを取らなければならない。ビニルをはぎ取ろうにも雑草の根がはびこっているので破れてしまう。だから、雑草を抜いたり、土を剥いだり、破れたビニルを草の根からはぎ取ったりと、ひどく手間のかかる作業になってしまった。

 その作業の最中ビニルを剥いだとき、ヘビがとぐろを巻いていた。私は吃驚して声をあげてしまったが、ヘビも驚いたようだ。温かいビニルの中で冬眠していたのか、あわてて身を起こして、穴の中に潜り込んでいった。長さ一メートル弱ぐらい、復活シマヘビよりもやや小ぶりのシマヘビだった。一、二秒で尻尾まで見えなくなった。

 それから次の畑でも、マルチの下に長さ五十センチぐらいのシマヘビが潜んでいた。この日は一日で二匹のシマヘビにお目にかかったことになる。

 マルチを剥がすために雑草の根や土との格闘を終え、耕運機を持ってきて、そこを耕し始めた。すると例のカラスがどこからともなくやってきて、いつものように耕運機が掘り起こした土を突っつき始めた。私が使っている耕運機はミニ耕耘機で小さい。小回りは効くのだが、馬力がない。土をより深く掘り起こすため、私は取っ手に乗りかかるようにしながら運転するのだ。と、何か微かな異変をかんじた。耕運機の下の、私の足元にヘビが姿を現し、ぐにゃぐにゃ身もだえしている。やってしまったか、と心がチクリと痛むがどうにもならない。耕運機のスクリューが土の中にいたヘビを掘り起こしてしまったのである。耕運機のスクリューはいわば鋭い刃物である。まともに蛇の体に当たったとしたら、体は真っ二つに裂けてしまうだろう。通り過ぎて振り返って見ると、ぐにゃぐにゃしていたヘビはすぐに土の中に潜り込んでいく。しかし、尻尾が十センチぐらい出た状態で動かなくなり、その尻尾がピクピク小刻みに震えている。耕運機のスクリューにまともには当たらなかったが、体のどこかをかすめたかして傷を負ったに違いない。

 悪い予感がよぎる。カラスがヘビに気づかないか。私は耕耘機を止めた。そして見ていると、案の定、カラスがふるえているヘビの尻尾の方に行った。私はまずいことになったな、とおもいながら見ていた。ヘビは傷ついて体を痙攣させているぐらいだからカラスに食べられてしまうかもしれない。憐れだとおもうが動物の世界は弱肉強食だからどうにもならないとおもう。

 カラスがヘビの尻尾を咥えて引っ張る。カラスは人間と同じように足を踏ん張っている。五センチぐらい引っ張りだされてしまったが、何とか堪えたらしく、それ以上は蛇の体は姿を現さない。カラスは気を取り直してもう一度引っ張ろうとする。しかし、動かない。カラスは二度三度と引っ張るが、ヘビは必死に耐えているようだ。そのうちにカラスはダメだとおもったか、飽きてしまったのか、咥えていたヘビの尻尾を離した。すると、ヘビの尻尾がするすると土の中に入っていく。カラスは諦めたらしく、そこから離れ飛んでいってしまった。ヘビは最後の力を振り絞ったのだろう。私はホッとしたものをかんじながら、ヘビが潜った土のあたりをあらためて眺めた。

 そして、また畑を耕す作業に戻った。

 

2019年05月27日

柿農園を訪れる人々

 相方がアロエベラジュースのネットワークを手掛けている関係で、これまでも我が家を訪れる人は多かった。

 但し、私たち二人が高齢なので、そのほとんどはネットワーク関係の同年代か幾分若い六、七十代の人たちだった。それも近隣ではなく、東京や埼玉など首都圏から来られるのである。

 当地は限界集落といってもいい鄙びた村で、道を通る車さえ日に数台あるかないかぐらいなのだ。だから、車がひっきりなしに出入りしている我が家は目立って、新興宗教でも始めたのではないかという噂がたったぐらいである。

 そして、三年前大田原ツーリズム社からの農泊ツアーの小中高生を受け入れるようになり、次いで二年前から宿泊予約サイトに登録してから一般のお客さんも入るようになった。
 小中高生はとびきり若い十代の若者だし、一般のお客さんも若い方が多いのだ。これで我が家の来訪者の平均年齢がぐっと下がった。

 一般のお客さんは八割方が二十代~四十代の若者である。これは、我が柿農園が鉄道の駅から離れた辺鄙な場所にあることが関係している。

 私たちの同年代だと車を運転して来る例はあまりない。JRの電車で来る場合宇都宮線の野崎駅下車でタクシーで30分かかり、料金も約6千円と高いので相方がいつも車で迎えに行っていた。昨年から高齢になったのでもう迎えには行けないと宣言したところ、電車で来訪する人はぐっと減った。どうしても来たいという人は、車の運転が出来る人を頼んで来られるようになった。

 車を運転が出来る人が高齢者の場合、我が家にまっすぐ来られずに、道に迷ってしまい、途中まで迎えに行くことがしばしばだった。

しかし、若者は場所が辺鄙であろうがなかろうが関係ないようだ。情報を収集し興味を持ったり、必要性をかんじれば行動するのだろう。そして、こちらで何の説明をしなくとも、スムースに我が家に到着するのである。到着の時間が分かれば迎えに出るのだが、あるときなど気がついて外に出たところ、ちゃんと車庫に車が入っていて、ドアを開けてお客さんが下りられるところだったので、あっけにとられおもわず笑ってしまったぐらいである。

 高齢者と若者との違いはどこからくるのか――

私と同年代はまずパソコンができない。携帯もジジババもので、スマホを使いこなす人は少ない。だからネットの使い方など分からないのだ。車にカーナビがついていても、それを使いこなせない人が多いのである。道に迷ってしまう由縁である。

それに比べて、若者はスマホを駆使して、ネットを検索し、常に最新情報を得ている。我が家のような辺鄙な場所でもスマホの道案内アプリで最短の道順を把握し、道に迷うことなくやってくるのである。

さて、我が柿農園では、キャンプ場をオープンし、4月27日に初めてのお客さんが入った。
10連休中に計33組、連泊されたお客さんもいるので、大人子供を含めのべ約160名のお客さんがキャンプ場に宿泊された。ほとんどが二~四十代の若い人で、五十代以上は一割程度か。半数は子供で乳幼児も多かった。車で来るのでキャンプに乳幼児も同伴出来るんだ、と私は初めて知ったおもいだった。

民宿の方も9日間お客さんが入った。三組で計13名のお客さんだった。一組は6泊された。我が柿農園始まって以来の長期宿泊である。のべ人数にすると計43名である。

キャンプと民宿を合わせるとのべ約200名のお客さんが来られたのだから、かなりの賑わいで、私共二人は大忙しだった。食べている暇がなく、きちんと食事がとれなかったせいで、連休最終日お腹が凹んでいるいることに気がついた。体重計に乗ってみると55kgしかない。普段は58~59kgだから3~4kg減ったわけだ。相方もやはり3~4kg瘦せたという。こんなに急に瘦せるのはいけないと、それからはきちんと食べることにしたところ、一週間もしないうちに二人とも元に復した。

200名余のお客さんが入ったというと、皆さん、えーっ、そんなに、と驚かれる。私からしてきちんと数えてみて、そうなることに気づいて驚いたぐらいだから無理からぬことである。

――そんなにお客さんが入って、人を雇わないで二人だけで対応したの?

――それはそうだよ、人なんか雇えない

――それだけの人数を、二人だけでやったなんてスゴいじゃない

 言われてみればそうだが、民宿は素泊まりか朝食付きだけだし、キャンプは食事無しだから出来たのである。今後は民宿も素泊まりのみにすることにしたので、食事を作らないで済む。その分楽かもしれない。

 200名からのお客さんの対応は初めてのことで、勝手が分からないことが多い分気疲れした。また、動き回るのに余計な力が入ってしまい、体力的にきつかったことは事実である。

――キャンプで出たゴミはどうしたらいいですか

 という問い合わせがあった。そのときは気軽に、燃えるゴミ、燃えないゴミ、生ゴミ、の三つに分別して出してください、と言ってしまった。ゴミを持ち帰るのは大変だろうし、面倒だろうとおもったからである。しかし、多くのキャンプ場がゴミは持ち帰りとしているところが多いとお客さんから聞いた。

 ネットで調べてみると、ゴミ出し禁止つまりゴミは持ち帰りというところが多いため、キャンパーもいろいろ工夫しているようである。

 〇食材は野菜中心で必要最低限にし、なるべくゴミはださない

 〇燃えるものは燃やしてしまう、生ゴミは細かく砕いて燃やしてしまう
などなど・・・。

 一番お客さんが入った日は9組だったのだが、ゴミが大量に出、一輪車で四回も往復して運ばなければならなかった。キャンプサイトは丘の上なのだから、高齢の身としては坂道の四往復は結構きつい。3~4kgも体重が減った由縁である。今後はゴミ収集は体力的に無理だな、とかんじた。

 それにキャンプで出た大量のゴミを集落のゴミ収集所に出すのは気が引ける。この日はゴミ収集所がうちで出したゴミで満杯になってしまったのだ。そのうち苦情が出るかもしれない。

 それで、ゴミについてはネット情報を元に、今後は、つぎのようにお願いすることにしたい。

◎燃えるゴミは燃やしてください

◎生ゴミ用バケツを用意しておきますので、ビニル袋などは取り除いて生ゴミのみを入れてください(土の中に埋めます)

◎その他の燃えないゴミはお持ち帰りください
 
 農泊ツアーの学生生徒さんは、東京横浜川崎埼玉などの首都圏だけではなく、大阪広島九州などの小中高生だった。日本だけではなく、アメリカ、台湾、ベトナムから、大学生、日本語学校の学生さんが入ったこともある。国際色豊かといってもいいだろう。

 この10連休中には民宿に中国の方が宿泊され、キャンプ場にはマレーシア、韓国の方も入られた。

 我が柿農園のホームページは最近外国の方の閲覧も多くなっている。アメリカ、イギリス、フランス、デンマーク、スエーデン、ブラジル、香港、中国、韓国、インド、・・・。

多分宿泊予約サイト「楽天ライフル」を通してbooking.com、それに「Airbnb」に掲載されたからだとおもわれる。2年後に東京オリンピックを控えていることもあり、近い将来これらの国々からもお客さんが入るのかもしれない。

ところで、一二ヶ月前、農林水産省の方から、

――柿農園のホームページを見た、取材をしたいのだが

 と電話が入った。了承すると十日後ぐらいに、二人の方が見えた。農林水産省宇都宮支局の職員だという。柿農園でやっている内容を取材して、本省に報告するといい、作っている作物や民宿の様子や年収に至るまで詳しく聞かれた。そして、

――柿を町のブランドとして認定してもらうといいですよ
 とか、

――いろいろな補助制度があるので、町に出向いて聞いたり調べたりして、可能な補助があったら利用した方がいいですよ

 とアドバイスしてくれたのである。

 考えてみると、キャンプはテントサイトを貸すだけで、シャワーも風呂もないから、お客さんは温泉に入り、食材を買ったり、食事処で食事をしたり、土産物を買ったりと、周辺で何らかの消費をするわけで、柿農園として間接的に町に貢献しているし、これからも貢献できるわけである。

 柿農園は広く、とても私だけでは手入れが行き届かない。テントサイト北側の楓林の周りは荒れ地となっているのだが、ここを整備出来ればきれいな公園にも花畑にもなりえる。キャンプ場と合わせて素晴らしい観光地となるのではないか、とおもうのである。

 そこで、那珂川町役場農林振興課に出向き、三つのことを依頼したり、説明を聞いた。

〇柿を町のブランドとして認定してもらえないか 

〇キャンプ場の北側の町道がぬかるむので砂利を敷いてもらえないか

〇キャンプ場の整備や山林の手入れのための補助制度はないのか

 柿のブランド化については大量出荷が出来なければ、難しいという。町道に砂利を敷くのは担当が建設課なので、建設課の方で実地を視察の上検討するとのことである。三つ目の補助制度については農林推進課で可能なものがあるかどうか調べて後日知らせてくれることになった。
 

どれも公的な資金つまり税金を使うのだから、審査制限は厳しいだろうと予測していたが、農林水産省の職員に勧められたと言ったからか、対応してくれた職員は3人だったがどの職員も丁重で丁寧に説明してくれた。

 感触としては町道の泥濘に砂利を敷く件が通るかな、とかんじられたがどうなるか。この案件は依頼が多く、順番に処理しているが、すぐにというわけにはいかない、というようなことを言っていた。こちらとしてはすぐにでなくともやってもらえれば「御の字」なのだ。

 キャンプ場の整備や山林の手入れは難しいのかもしれないが、キャンプ場が町に貢献していると言っただけでも意味があったとおもうのである。

2019年05月21日

直接の声


 柿農園キャンプ場は開設したばかりであり、また個人経営なので、まだまだ整備が行き届かず、整備されたキャンプ場と比べるとかなり見劣りがするかもしれない。

 しかし、それ故のよさもあるはずである。

――整備されて至れり尽くせりの施設だと、感動がないし、新しい発見もないわ、でも、ここは他にはない目新しいものがあって楽しいです

二日目に入られたお客さんの声である。私はきちんと整備されているよりもなんでもありの未整備な我が柿農園のようなキャンプ場を喜ばれるお客さんもいるに違いないとおもっていたので、やはりと意を強くしたものだった。他にも、同じようなことを言われたお客さんは何人もおられた。

――タケノコ掘りができるキャンプ場なんて嬉しいわ、湯がいたタケノコご馳走様、とてもおいしかったです

――敷地が広く、歩き切れなかったです、また来て行けなかったところも歩いてみたいでわ

――子供がのびのび遊べるので喜んでいます

――今の田植えは機械なので数時間で終わってしまうとのこと、偶然に田植えに出会えてラッキーでした、子供が田植え機に乗せてもらって喜んでいます、普段は絶対に出来ないいい経験をさせてもらいました、友達はハワイやグアムに行ったけど、ぼくはここに来られてよかった、帰ったら田植え機に乗ったと自慢するんだと言っています

 我が柿農園のホームページに、

「農園独自の発見があるかとおもいます、お子様は喜ばれるかもしれません」

 と書きましたが、あるお子さんはまだ帰りたくないとべそをかき、あるお子さんはまだここにいたいといって車に乗らず困りました、とお客さんが途方に暮れたように言っているのを聞きました。

 二泊した別の小学生の女のお子さんが、わざわざ私のところに来て、

――これから他のキャンプ場に行くのよ、わたしはここにいたいって言ったのだけど、キャンセル料がかかるからって・・・

 と言ったものだった。

 さて4月28日大雨が降った。私にとっては予想外の事態が起こった。予想外というのは、キャンプ場や道がぬかるんで車がスリップしたり泥濘に車輪がはまり込んでしまったことである。

 我が家の車は「アクア」である。このアクアで道を通ったりキャンプ場に行って乗り回したりして確かめたつもりでいた。肥料を頼んだ業者の2t車が出入りしても大丈夫だったので「よし」としていたのである。今にしておもえばアクアは小型である。ところが来られた多くのお客さんの車は大型だった。アクアとはまるでちがう。土地の表面が軟弱だと車が重いので轍が深く出来るわけだ。道もテントサイトも元は畑だったので、もともと土地は軟弱だったところに予想以上の大雨でたっぷり水を吸い込んで更に軟弱になり、泥濘ができるし、滑りやすくなってしまったのである。

東北大震災のとき周囲の家屋は屋根が崩れたり建物が傾いたりしたところが多かったが、我が柿農園は母屋も離れもかすり傷一つ負わなかった。これは土地の表面は軟弱でも、土地の下は岩盤か何かで地盤が強固なせいだとおもわれるのだが・・・。

 お客さんの車が大型なのは、キャンプ用品を積載するので当然といえばいえる。今の若い方はスマホで最新の情報を得て行動されるようだ。天気予報で当地の大雨を把握し、キャンセルされるのではないかとおもわれた。

ところが、実際に来られて道やキャンプ場の悪条件を確かめ、キャンセルされた方がお二方おられたのと、予定を早めて帰られた方が二組あっただけで、その他の方は皆さん来られたのである。このことも予想外だった。

――このぐらいの雨なんか平気ですよ、せっかくですから楽しませていただきます

 そう言って、悪路を上っていかれた方がいたのには驚いた。この方は二組の予約だったが、キャンセルすることなく二泊された。ただ、この二組のうちの片方の方の車は小型で悪路の坂を上れず、柿農園の庭に車を止めて、一輪車でテント用品を上まで運ばれたのである。本当にキャンプが好きな方なんだな、と感動を覚えたものだった。

 ともあれ、雨に備えて、道路はスリップした部分は生コンを入れ、他も砂利を敷くべく業者に依頼しました。テントサイト北側に20台程度の駐車場を新設し、テントサイトには急には無理ですが、徐々に芝を植え、一二年後には全面芝生にする予定です。

――斜面は辛いものがあります、せめてテントを張る部分だけでも平らにしていただけるとありがたい

 と言われた方もいる一方、

――斜面のせいで枕なしで寝られて快適でした、高い方を頭にして横になればいいのですよ

 と言われた方もいたのは面白い。私としては今後夏場に向けてテントを張る部分だけでもある程度平らにしたいとおもっている。

 テントサイトの西側の木の間にテントを張られたお客さんが、

――いやァ、下がチクチクするので見ると篠が生えている。ハサミで切るのに大分時間がかかりました。それでいいかなと寝たんですが、夜中にまたチクチクして目が覚めてしまった。朝見ると、雨で篠の芽が育ってシートを持ち上げていたんですよ。植物の生命力ってスゴいですね

 と言われる。そこは私が刈り払い機で刈ったのだが、刈り切れないで残った篠があったのだ。

――手入れが行き届かず申し訳ありません

 そう言うと、そばで奥さんが、

――いいんですよ、そんなことも楽しいです、いい思い出が出来ました

 トイレのことを言われるお客さんが多かった。

――ブログ読みました。これが三ヶ月もかかって自作されたトイレなんですね、まわりの楓の木が味がありますね、それにしても自分でトイレが作れるんですね、そのことに驚きました


 私の「農園ブログ」は結構読まれていることは、私が使用しているホームページのソフトの会社「JUST.SYSTEM」とgoogleのanalyticsのアクセス解析によって把握していたが、閲覧数が分かるだけでどのように読まれているのかはわからなかった。

 しかし、今回キャンプや民宿で宿泊されたお客さんから直接生の声、感想をお聞きすることが出来た。これは何よりも参考になり、また嬉しいことでした。今後の励みにもなります。

――楽天トラベルのキャンプ場のプランの文がよかったです。あれを読んでどんなところなのか、来たくなったのです、そういう方多いとおもいますよ

 そう言っていただいて、とても嬉しかった。

 ちなみに、私のブログで一番読まれているのは「末期癌を克服した人に会った」です。これが圧倒的に多く、次いで「ハグ」です。世の中癌で悩む人や家族が多く、そういう方が検索で探しだされるのかな、とおもいます。

 連休が終わって、柿農園のホームページの閲覧数が増えているのは、キャンプに来られた方やその知り合いの方が興味を持っていただいたのかもしれませんね。

 

2019年05月10日

水洗トイレを自作した

ひょんなきっかけからキャンプ場を開くこととなった。

 ひょんなきっかけとは、農家民宿である我が柿農園を宿泊紹介サイトに登録したところ、インターネットのYahooやMSNなどのニュースサイトの広告欄に我が柿農園がときに載ることがあって、そのときサンタヒルズという同じ那珂川町にあるキャンプ場が同時に表示されることがあったのである。

 何度か表示されてから、以前一度だけそのサンタヒルズの喫茶室を訪れたことを思い出した。

我が家の周辺にはコンビニもなければスーパーもない。私は現役時代は東京で小学校教員をしていたのだが、勤めの帰りには喫茶店に寄り、コーヒーを飲みながら小説を書くのを日課としていた。そんな話をすると相方がサンタヒルズには喫茶室があって宿泊しなくとも入れるわよ、という。それでそこをのぞいてみる気になったのだった。同じ町内でもそこまでは遠く、また我が家以上に辺鄙な場所で、小説を書くのにふさわしい喫茶室のようには感じられなかったので、二度と訪れることはなかった。

私はサンタヒルズのホームページを紐解くことにした。

見ると、コテージ、バンガロー、キャンプ場などがあって、かなり大きな施設であることが分かった。

キャンプ場は25区画あって、夏場の土日曜日の予約は満杯状態である。ふと、我が柿農園の丘の上をキャンプ場にしたらどうだろう、というおもいが閃いた。サンタヒルズは我が柿農園と周辺は田畑や山林ばかりというのは同じだが、サンタヒルズが平坦な山林の中にあるのに比べて、我が柿農園には丘があって、その丘の上が平坦で、そこからは田園風景が見下ろせるのである。これはサンタヒルズ以上にキャンプ地に向いているのではないか、とおもったのである。

かくて農園内にキャンプ場を開設することに決めたのだが、その辺のいきさつは「キャンプ場経営を思いついた」に詳しく記述してあるので繰り返しません。

さて、ここではキャンプ場に自作で水洗トイレを設置することにしたいきさつを綴りたい。
キャンプ場の開設を決めてホームページに載せたところ、間もなく福島県から下見に来た人があって、トイレはレンタルトイレを設置するつもりだというと、曰く、

――仮設トイレですか、あれは汚くて臭いがするので、殊に女性の方に嫌がられますよ、水洗じゃないと・・・

 確かに私も仮設トイレに何度か入ったことがあるが、不潔さと臭いに辟易した記憶がある。かといって、水洗トイレ設置となると、費用が相当に嵩むだろう。

 ネットで調べてみると仮設トイレのレンタルなら四ヶ月で4万円で済むが、水洗トイレとなると、合併浄化槽だけで5人槽15~20万円とある。一坪の建物を建てて30~50万円、トイレの便器や洗浄便座だけでも10万円はする。あわせると安く見積もっても70万円ぐらいはかかってしまう。

 いろいろ検討した結果、水洗トイレを建物を含めて自作で建立することに決めたのである。

 というのは、我が家には杉林があって、その杉材を使って自分で建物を建てれば安価に仕上げられる、ということが大きな決め手となった。そのとき私の頭にあったのは、10万円前後で収めるということだった。

 合併浄化槽は高価なので浄化して下水に流すのではなく、自然浸透式にする。

自然浸透について何らかの規制があるか調べてみると、私が生まれた那須塩原市の条例では、

処理装置と他の施設等の外周間の距離は次のとおりとすること。

• 隣地境界まで1メートル以上
• 建築物まで1メートル以上
• 井戸その他の水源まで水平距離30メートル以上

とある。

 私がトイレを設置しようとしている場所は、隣地と100mはあるし、我が家の母屋とは測ってみたら70mぐらい。町営の水道を引いているので井戸はない。他の水源もない。

ということで、自然浸透式トイレの設置には何の問題もないことが分かった。

自然浸透式にするにしても、汚水をよりクリーンに処理して地に戻したいということで、キャンプ場までの道を造成したとき、頼んだ業者に重機で1m四方深さ1.5mぐらいの穴を二つ掘ってもらった。この二つの穴をコンクリートで固めて水槽にし、バクテリアを培養し、そこを通してある程度浄化して、自然浸透させるという作戦を考えた。

しかし、ある知人と話している過程で、コンクリートは水が染み通ってしまうということが分かった。その知人がホームセンターに行けば大きなタンクを売っているから、それを使ったら、という。

ネットで検索して、500リットル1万3千円というのを探しだした。この二つを掘ってある穴に埋設するつもりだったが、このタンクは農業用のもので地中に埋設は出来ないとあった。

そこで穴に入れるだけで周囲をブロックで保護して使用することにした。結果的には500リットルタンクを三つ取り寄せた。一つ目は汚水を貯める、二つ目はエアーポンプで空気を送りバクテリアを培養して浄化する、三つめは触媒を入れて二つ目とは違ったバクテリアを培養して、更に浄化する、そして、それを地下に浸透させる。という方針をたてた。場合によっては、業者に汲み取ってもらうことも可能な作りにしたのである。

水洗トイレは便器、洗浄便座のセットをネットで最安値3万9千円というのをみつけた。メーカーものの三分の一以下の値段である。これでちゃんと作動するのか一抹の不安を覚えたが、レビューを読むと安いがきちんと働くというようなことが何件も書いてあったので購入を決めた。

運送の過程で便器が割れてしまうというハプニングがあったが、間もなく代替品が届いたのでホッとした。

水道接続も問題なく出来、試してみると便器の水流も不具合がなく、洗浄便座も良好に作動する。いくら最安値の水洗トイレセットでもきちんと動作することを確認した。

と書くと簡単だったとおもわれるかもしれないが、私はトイレ設置など知識もなければ経験もないすぶの素人である。手探りで、三ヶ月余かかってやっと完成したというのが本当のところだった。一番不安だったのは床下の配管である。床下といっても建物も立てるのだから、建物の土台作りのときから配管も考慮に入れた。水道管を引いてもらうとき、トイレの配管の大体の場所も決めた。

しかし、建物の土台を組み立てた後が悪戦苦闘の連続だった。というのは土台が低く、その下に入ることは出来ないので、床を張る前に配管を済まさなければならない。配管を済ませてから便器を取り付けたものの便器と床下のVU管との接続が上手くいかない。便器が床から5cmぐらい浮いてしまうのだ。ここで、便器とVU管の接続の部品が合わないのは、要するに運送中に割れた便器の代替品として送られてきた便器が当初のものと別物だったということが分かったのである。

それに合う接続の部品を取り寄せるとなると、一二週間はかかってしまうだろう。便器の構造を子細に点検し、VU管とVU管を連結する部品なら便器の下部の放出口にピッタリ嵌ることが分かった。これで便器の放出口とVU管を連結させることにした。嵌め込むだけでは外れてしまうおそれがある。外れたりゆるんだりすれば、悪臭の原因となりかねない。接続部分に丹念に接着剤を塗りこんだ。それから、VU管は30cm下から汚水タンクに向かって湾曲するのだが、この部分にコンクリート片をあてがい土で埋めてしっかり固定した。これで便器の放出口とVU管の接続部分が外れることはないだろう。

こうして一番不安だった床下の汚水排水の配管もなんとかクリアした。VU管と500リットルタンクの接続もドリルで穴を開けて接着剤で固定出来た。床とタンクの穴はホームセンターで買ったドリルを使った。ドリルでの穴開けも初体験だったが、失敗することなくクリアした。

ここで最も気をつけなければならなかったのは高低差かもしれない。便器よりもタンクが高かったら汚水は流れない。途中のVU管もだんだん低くなっていかなければならない。これは目分量では分かりずらい。相方の亡くなった旦那さんは大工だったので、水平という高低差を測る器具が倉庫に眠っていた。この水平を置けば高低差が一目瞭然である。シンプルな作りの器具で、水玉が上がった方が高く、そうでない方が低いというものなのだ。幸いトイレの設置場所は丘の中腹なので、高低差がはっきりしていてやりやすかった。

さて、同時進行で進めたのが1.5坪の建物の建設である。トイレは畳一枚の広さ、つまり0.5坪があれば出来るのだが、屋根の関係で畳3枚の大きさにした。

畳一枚の建坪では建物が安定しないだろうと考えた。背の高い人もいるのだから、高さは2mはないといけない。最終的には屋根にのぼってトタン板を張らなければならない。屋根が小さくては安定しないに違いない。なにせ私は素人で、バラック小屋は建てたことはあるが、きちんとした建物は初めてである。

結果的に屋根の高さは2m10cmとなった。トタン板を張るとき、初めは屋根に上らず北側から脚立で上半身だけ出して張っていったのだが、半分までいったとき、どうしても屋根の骨組みの上にのぼってやらなければならなくなった。しかし、怖くて上れない。梯子から手を離して屋根に移るとき、周りに手で掴むところがないので、恐怖にかられてしまうのである。

見かねた相方が靴じゃダメよ。屋根に上るなら地下足袋がいいわ、という。地下足袋を買ってきて、梯子をのぼって屋根に這い上がろうとするが、やはり怖くてダメなのだ。建物自体は直径20cmぐらいの杉の丸太を土台として敷き、柱も同じ太さのものにし、建物がぐらつかないように、要所に太く大きな鉄の斜交いを打ち込んだ。その上、北、西、南各壁面に斜めに直径10cmぐらいの杉の丸太を斜交いとして釘で打ち付けたのだ。だから建物はびくともしない。しかし、恐怖感はどうにもならないのである。上に上がってしまえば平気なのだろうが、どうしたものか思案した。見ると、建物の西側近くに山法師という植木が立っている。

植木といっても高さ10mぐらいはある。それに上って屋根に移れないか。やってみたが、建物はびくともしないが、斜めに傾いている山法師は私の体重で余計に傾いでしまう。とても乗り移るどころではない。

 次に試したのは、脚立をその山法師に立てかけ縛り付けて、その脚立から屋根に乗り移るという作戦だった。これが簡単に成功したのは、脚立の一番上に乗ったとき山法師の幹を手で掴んでいられたからである。これで恐怖を覚えることなく、脚立の上に立って、またいで楽々と屋根に乗り移ることが出来たのだった。私は嬉しくて内心で、ヤッター! と叫んでしまったぐらいである。

 壁面は合板のベニヤ板を張った。これで周りに茶色のペンキを塗って終わりにするつもりだったのだが、

――どうせここまでやったのだから、丸太を生かしてログハウス風にしたらどうかしら

 と相方がいう。

 自分で使うだけなら、バラック小屋風でも構わないが、対象がお客さんだから、気合を入れて相方の考えを受け入れることにした。

 柱や屋根の骨格には杉材を使ったのだが、杉を伐採して杉皮を剥かなければならなかった。そうしないと数年で虫食まれてしまうという。これは大変な作業で、時間もかかった。外壁には虫食まれにくい、見た目もいい堅木である楓を使うことに決めた。というのは昨年の夏の台風で倒れた木があったからである。我が家の楓林の楓は公園などで見かける楓とは違って、すらりと高い。相方によると50年以上前にそこを植木屋に貸したときに植木屋が苗を植えたのだが、あまり売れずに残っていたものだという。植木屋から返されて以来そこは荒れ放題で、人が足を踏み入れたことがない場所だった。3年前、あるきっかけがあって二人でそこに行ってみて、楓の巨木が100本ぐらいある壮観に驚いたものである。その後、私が周囲を刈り払い機で篠や笹をきれいに刈ってそこに入れるようにした。その作業に10日ぐらいかかったと記憶している。

 そのうちの7、8本、それも高さ30m以上ある大木が根こそぎ台風の突風に煽られて倒れてしまったのである。周りの楓をへし折ったりして、折り重なって倒れている。そのうちの一番大きな楓は倒れたとき私の背よりも高く根が地からむき出てしまった。突風のすざましさを彷彿とさせる無残な光景である。片付けようかとおもうが、私の背丈よりも高く折り重なっているし、しなっている木もある。どこかを切ったとすると崩れて下敷きになりかねない。しなっている木に弾き飛ばされる危険もある。当分はそのままにして様子を見ることにした。その木を使おうかと考えたのだ。しかし、子細に観察すると、どこから手をつけても危険なことは明らかだった。枯れてしまうまで待つ他はない。

 結局、別の立て込んで立っている細い楓を間伐して使うことにしたのだが、それは正解だった。というのは、細いと言っても私の大腿ぐらいの太さはあり、2mの長さに切っても、一輪車で運ぶのに二本がやっとぐらいの重さがあるのだった。倒れている楓はその2、3倍の太さがあるのだから、切ったとしても運ぶことなど出来なかった。

 切っては運び切っては運びした楓を、建物の壁面に横に下から順番に打ち付けていった。

打ち付けるだけでは殺風景なので入り口の扉の近くに、私なりの飾りをつけた。丸太と丸太の間をくり抜いて、短い丸太を挟むことを屋根の下まで続けたのである。この作業はまる二日かかった。

 農業用貯水タンクを三つも買ったり、床材はちょっといいものを使った。それに、釘やネジ類などが予想以上にかかり、10万円とはいかなかったが、総工費は20万円以内で収まったのだから、まずまずとおもっている。

これで一応の完成としたのだが、

――バラック小屋よりは、少しはログハウス風のトイレになったかなァ

と、自分で悦に入っている次第である。

春先の農業は畑を耕したり種蒔きの準備でやることは限りなくあり、その合間を縫っての作業だったので、たった1.5坪のトイレ作りに三ヶ月かかってしまったのだった。

ところで、お客さんの当園内での万が一の事故やケガにそなえて、東京海上日動火災保険KKのキャンプ場保険に加入することにした。電話すると、担当者が、

――入場者数によって保険加入の金額が決まるのですが、新規開設でまだ実績がないので、見込みで年間1000人にしときますね

という。

――えっ、そんなに

と驚いてしまった。

しかし、

――それがキャンプ場保険の裁定基準の最低の人数なんです

へえ、とおもったが、言われた意味が間もなく分かった。

我が柿農園キャンプ場の、間もなく始まる5月の連休中の予約が開設後ほどないにもかかわらず、4月15日現在で大人子供含めて100人に近い数字なのである。連泊される方もいるので、延べ人数にすればとうに100人は越えているのだった。出来たばかりでまだ知名度が低いのにこの数字なのだから、夏場はもっと増えるだろうし、世に知れ渡れば、来年再来年になれば、年間1000人ぐらいはいくのかもしれない、とおもえてきた。

現在のところはオートサイト16区画だけに設定してあるのだが、丘の上は広く、雑木林を間伐して整備すれば、区画数をもっと増やすことが出来そうなのだ。夏までにフリーサイトを5~10区画増設しよう、という気になった。

保険の担当者の言葉に発奮して、入場者年間1000人あるいはそれ以上を目指して、キャンプ場の整備に尽力しようと、あらためて決意した。

2019年04月16日

乾燥芋に色を塗ってる? なんて言われた

 大田原ツーリズム社のツアー客を受け入れを初めて以来、民宿の集客に精魂を傾けてきたが、昨年末から我が家の目標とするものがちょっと変わった感がある。

 というのは農作物の出荷先が決まったからである。

 私がこの地に来て以来、ずっと出荷先を探していたのだが、我が家が那珂川町の外れであることが主な要因で、どこの直売所に行っても地区外として断られてしまった。それが相方が以前一緒に仕事をしたことがある女性がパートをしている直売所に立ち寄ったことがきっかけで、急遽そこに出荷できるようになったのだ。

 ちょうど干し柿があり、乾燥芋を作り始めていたときだったので、それを出してみたのだが、干し柿も乾燥芋も加工食品ということで届が必要だという。すぐに保健所に出向いた。審査か検査があるのかと思ったが、ただ注意事項が記されているパンフレットを渡され、口頭で注意事項を説明されたのと、書類一枚に住所氏名などを書いて提出しただけで済んでしまった。

 干し柿も乾燥芋も出したものは数日で全て売れてしまうことが分かった。大根やカブ、水菜などの葉物なども出してみたが、これらはあまり売れなかったので、当面は乾燥芋と干し柿を主として出荷することに決めたのである。

 出したものは全て売れたので、結構な収入になり、今後の計算がたつことになった。予測不可能な民宿の集客に躍起にならなくともよくなったのである。これは気楽だ。我が農園には4haもの土地があるのだから、本来生業のメインは農業であるべきだったのだ、とおもう。
 出荷し始めて必ずや何かしら問題が出てくるだろうと予測していたが、案の定三つクレームがあった。一つは切り干し大根に干しシイタケを混ぜたものに苦情があった。シイタケ栽培農家かららしい。シイタケを出荷している相方の妹さんから大量のシイタケを頂いたものだった。文句をつけた人は、我が家でシイタケを売ると自分のものに影響する、要するに自分のものが売れなくなる恐れがあると思ったのだろう。直売所側ではその苦情をを受け入れ、今後は混ぜないで、干し大根は干し大根だけで、シイタケはシイタケとして出してください、という。消費者によっては混ぜたものが欲しいという人もいるだろうに、とおもったが、出荷始めて間もないので、おとなしく引き下がることにした。

 もう一つは乾燥芋についてである。我が家では最初350gを300円でだしたのだが、やはり乾燥芋を出している高齢女性が相方に、

――うちは250gを300円にしている、お宅のは安すぎるわ

 と言ったという。うちのがよく売れるので妬んだのだろう。面倒なので、同じ300円はやめにして、以後は500g を500円で出すことにした。これでもよく売れることは続いた。そのうち我が家の乾燥芋がよく売れるわけが分かった。

 直売所のパートの複数のレジの女性が、相方に、

――お宅の乾燥芋を名指しで、買いに来られる方がいるわ

 と言った。

 クレームの極め付きは、相方が乾燥芋を売り場に並べていると、同じ乾燥芋を出荷に来た別の高齢女性に、

――お宅の乾燥芋、色がいいから、色を塗ってだしているんじゃないのかって、皆で言っていたのよ

 と言われたという。

――とんでもない、色なんか塗らないわよ

 言われてみて、改めて並べられている他の乾燥芋と比べてみると、我が家のは透き通るような上品な、いかにも美味しそうな黄色である。他のはそう言っては申し訳がないが、鼠色のや黒味がかったのや、黄色でもくすんだものや、で、我が家のような鮮やかさがないのである。

 我が家の乾燥芋の売れ行きがいいのを妬み心から、色を塗っているのかなどと難癖をつけたのだろうが、名指しに買いにくるというのは色がいいからというよりも美味しいからだろう、とおもう。

 相方はつづけて、

――うちでは無農薬で有機肥料をたっぷり入れて育てているから、色がいいのよ、色を塗るなんてとんでもありません

 すると、くだんの高齢女性は、不思議そうに、

――へえ、肥料なんて入れてるの

――そうよ、油粕、米糠、牛糞、それに木の葉の堆肥もたっぷり入れてるわ

――そうなの、サツマイモ大きくなりすぎるから肥料は入れない方がいいっていわれてるから、うちでは入れないわ

――あら、そう

 相方はなるほど肥料をやらないからその高齢女性の乾燥芋は黒ずんだような色をしているんだと納得したが、それ以上は何も言わずに直売所を後にした。

 私は肥料を入れない方がいいなんて、変なことを言うなあ、とおもい、ネットで調べてみた。

 サツマイモは痩せた土地でも育つという記述はあったが、農林水産省のホームページのサツマイモ栽培の方法を見ると、肥料は化成肥料なら窒素、リン酸、カリの割合が1:10:10のもの、または家畜の堆肥でもいいとあった。要するに肥料をやらない方がいいとはどこにも書いていなかった。

 相方によると、この地域ではサツマイモは痩せた土地の方がいいとか、肥料をやると甘味がなくなってしまう、と昔言われたことがあって、高齢女性はそれが頭にこびりついてしまっているのではないか、という。どうやらそういった風評をいまだに信じている人が多いのかもしれない。

 今の時代は農協で指導を受けるとか、ちょっとネットで調べれば分かることなのに、昔ながらの間違った情報を鵜呑みにして、学習しようとしない人が多いということなのだろう。
 
 そして問題なのが、こういった人のやっかみ妬む心である。

 くだんの高齢女性の、我が家の乾燥芋は色を塗っているんじゃないか、という言葉の裏にあるのは、我が家が乾燥芋に色を塗るという悪事を働いてよく売れるようにしている、ということである。難癖をつけて我が家を貶めようとする下心が透けて見える。

 私はおもう。どうしてこういう人は、

――いい色ですね、そんな色になるのはどんな育て方をしているんですか

 とか、

――おいしそうな色ですね、素晴らしいわ

 と、褒めたり、肯定したりできないのだろうか、と。

 先のシイタケ農家にしてもしかり、

――切り干し大根にシイタケを混ぜればおいしいかもしれないですね
 とか、

――調理の手間が省けていいかも

 という言い方をすればその人の品格が上がるとおもうのだが・・・

 ともあれ、この問題は我が家を名指しで買いに来る人が何人もあったということで、勝負がついたといえるだろう。もし、品質が悪いものだったら名指ししてまで買いにはこないに違いないからである。美味しいからこそよく売れるのだ。適切な肥料を施し、愛情をこめて栽培しているからこそ美味しいサツマイモが育つし、色のよい乾燥芋が作れるのである。

 クレームがあろうがなかろうが、我が家はきちんと会員費を払い会員になったのである。何を言われようが気にせず誇りを持って堂々と出荷しよう、と二人で確認し合ったものだった。

2019年02月12日

仕事を続けられる幸せ

 農産物を出荷できるところを5、6年前から探していたのだが、2度断られてから半ばあきらめていた。一つは比較的近い大田原市佐久山の直売所、もう一つは那珂川町の公的な直売所である。どちらも要するに新参者排除の論理で、ここは地区の人が出荷するところだからダメ、というのだった。大田原市佐久山の直売所はともかくも、那珂川町町営の直売所が地区の人が出荷するところだからという理由で同じ町の住民の出荷を排除するとは、と私は呆れてしまった。既得権益を守ろうとする田舎特有の偏狭な理屈で、だから田舎は発展しないんだとおもい、以来私の出荷の意欲は減退してしまい、当たってみるべきところは他にも複数あったのだが、出向いてみる気にはなれなかった。

 それがどうして「ゆうゆう直売所」に出荷することになったのかーー

 交渉したのは私ではなく相方だったのである。相方が言うにはほんの偶然が幸いしたのだった。

 その日、争うことなどあまりない二人がめずらしく農作業の手順を巡って言い合いになった。感情的になった私が強い言葉を放ってしまったのである。気まずい雰囲気になり、私は後悔したが遅かった。彼女はくさくさした気分で車に乗り込んだ。私と言い争いなどしなければ決してそんな気にならなかったわと後で述懐したものだが、昔縫製工場で一緒に働いたことがある知人女性を思い出し、その知人女性がパートをしている「ゆうゆう直売所」に立ち寄ったのである。何が幸いするか分からないものだ。そこで世間話をしているうちに、その女性に野菜を出してみたら、と勧められたのだった。聞くと、そこに出荷していた高齢者が亡くなったり、出荷できなくなって「空き」が二つ出来たという。出荷する会員権は一万円で購入できるというので、その場で支払い会員になったのである。東京の会社でバーコードを作ってもらうので、出来次第出荷できると言われて帰ってきたのだった。

 出荷し始めて、初日二日目は半分ぐらいが売れたのが、先日行ってみると、干し柿や乾燥芋がその後出したものも含めて完売していた。アロエベラはあまり売れていないが、別のルートで売れている。

 農家民宿の宣伝うたい文句として、「農業収穫体験」と「田舎料理」を掲げている関係上、これまでやってきた三倍ぐらいの規模で農作物を作ることにしたものの、高齢者の域に達している二人にはこんなに増やしては無理だから、来年は半分に縮小しようと話していた矢先だった。

 例えばサツマイモは昨年は二つ穴を掘って保存したのだが、今年はその保存のための穴が五つに増えていた。こんなに保存してもふたりでは食べられないしどうしたものか思案していたのだ。それが乾燥芋にして出荷できることになったのだから分からないものである。

――いっぱい作っておいてよかったねえ

 と二人で言い合った。

 柿は植苗してから六年目の今年、100本中80本が実をつけた。これもどうするかあてもなく、ただ知人に進呈するだけだったのが、ある知り合いが一個50円で100個買ってくれたのだ。それが呼び水になったのか、出荷がかない、干し柿にして6個500円、5個だと450円で10箱並べると数日で完売することが分かったのである。多分来年は100本の柿全部が実をつけると思うし、柿の木自体が大きくなるので、付ける実の数も増えるはずである。それを干し柿にして出荷できるわけだから、希望が大きく膨らむおもいなのだ。

 ここ一年程民宿の宿泊客拡大に向けていろいろやったきたが、なかなか上手くいかなかった。それが農作物の出荷である程度の収入が見込めることで、宿泊客がなくともどうにかなると見通しがたったことになる。

――お客さんの対応は気疲れするし、料理のメニューを考えるのも一苦労、買い出しして料理を作るのはかなりの負担、民宿なんて大変でやる気になれない、という人が多いわけはやってみてわかったわ

 と、相方が言う。

 確かに、五月の連休のときは四日連続でお客さんが入ってしまい、てんてこ舞い疲労困憊した。これは無理だなと判断し、朝食のみか食事無しの素泊まりに舵を切ったのである。

 まあ、直売所に農産物を出荷するのだっていろいろな問題が出てくるだろうが、それらをひとつひとつクリアしていけばいい。民宿よりは気楽かもしれないともおもう。民宿だって、これまでに二組だけだが素泊まり客が入った。これだと客対応は格段に楽だし、布団の上げ下ろし、シーツ類の洗濯と布団干しをやるだけでいいのである。
 
 ともあれ、干し柿は完売して残っていないので、ここのところ乾燥芋作りに専念している。雑木林で枯れ木を集め、チェーンソーで適度な長さに切って一輪車で竈の小屋まで運ぶ、サツマイモを保存穴から出してやはり一輪車で運び、頭と尻尾の部分を包丁で切る、それをふかし鍋に入れて、竈で煮るのである。

 やはりそれなりの手間はかかるのだが、枯れ木をチェーンソーで切るにしても、竈の下に入れて燃やすにしても、私にとっては新鮮で楽しいのだ。

 チェーンソー操作は危険と隣り合わせの力業で男の仕事という感じだ。それに燃える太木の炎は太古の昔や祖先を回顧するような懐かしさ感じさせる。だから火を燃やす作業は子供の頃から好きだったのだ。

 燃やし木を窯に入れ炎を眺めながら、乾燥芋作りの作業をやれる幸せを感じる。直売所のパートさんに乾燥芋を進呈しところ、それをお客さんに食べてもらったところ美味しいといい、これはどの商品ですかと聞かれたので、小口さんのですと伝えるとその場で2箱買って帰

ったという。

――ガスで煮るのではなく、薪でしかも二時間以上ふかし窯でじっくりふかすのだから美味しいのよ、それに水はけのいい斜面の畑で牛糞、米糠、油粕などの有機肥料で育てた芋だもの、出来上がりが違うとおもうの

 と相方が言う。

 出荷農家の多くが高齢者である。いままで出荷していた人が亡くなったり、病気になったり、施設に入ったりで、出荷できなくなっているという。そういってはなんだが、そのおかげで我が家にチャンスが巡ってきたともいえる。私たち二人だって高齢者なのだが、二人ともまだまだ元気である。これが元気で健康でなかったら、出荷は出来ない。健康よありがとう、である。

 聞くと私たち二人よりも年下なのに、脳梗塞とか癌を患い出荷できなくなったというケースがあるいう。

 健康になるには、身体の健康と心の健康二つとも揃わないと本当の健康にはなれない。

 体の健康には栄養のバランスのとれた食事をする、そして、特に大切なのは47種類の必須微量栄養素をそのうちの一つでも欠けないように摂ることなのだ。

 心の健康は、常に前向きに生き、愚痴やマイナスの言葉を口にしないことである。そうすれば健康に重要な鍵を握っている潜在意識をきれいに保つことができるからである。

 私も相方もこの二つのことを常に意識している。二人が元気な由縁である。

2019年01月28日

運気が上向きのわけ


 私は毎日、次のような言葉を口の中でつぶやいている。一つ二つのこともあれば、その全部をつぶやくこともある。

――強く、清く、正しく、気高く、美しく
――明るく、楽しく、朗らかに
――愛、感謝、歓び、希望
――ついてる、嬉しい、楽しい
――ありがとう、愛してます、ごめんなさい、許してください
――日々あらゆる面で、私はますます良くなっている

 特に、夜眠る前に口の中で言うことを大切にしている。

 前二つは中村天風(哲学者)の言葉、三つめは私の生活信条、四つ目は斎藤一人(何度も日本一の高額納税者になった実業家)が常々口にしているという言葉、五つ目はハワイのオポノポノの言葉で、これを口にしているだけで幸福や成功が約束されるという、六つ目は心理学者で哲学者であるエミール・クーエの言葉である。

 冬が到来し、雑草との格闘が一段落し、来年のキャンプの季節に向けて、キャンプ場の整備を始めた。

――美しい田園風景が見下ろせるファミリーキャンプ場を開設しました

 というのが我がホームページ「柿農園」でのうたい文句なのだが、観光地のようなくっきりとした紅葉ではないものの、キャンプ場設置の丘の上で前に拡がる山並の鮮やかな紅葉を見下ろし、充実と高揚を感じながら木の間伐作業をしている。こんなきれいな環境で生活できるなんて、感謝だなあ、とおもわず一人ごちる。

 ところで最近おもいもかけない出来事があった。

 今まで田んぼの米作りを頼んでいた農家の主が突然訪れたのだ。相方が玄関の外で応対したのだが、軽トラックのエンジン音が遠ざかるやいなや、

――ねえ、大変だわ

 と、いう声がして、二階に相方が上がってきた。

――○○さん、もう米作りやれない、っていうのよ

――ええーっ

――困ったわ、どうしたらいいかしら

――うーん、やれないっていうのをやれとは言えない、仕方ないんじゃないか、他をあたってみて、やってくれる人がいなければ米作りはやめると決めればいい

――そうねえ

 聞くと、親がもう二年も入院中、本人も最近とみに足腰が痛い、加えて奥さんも同様でことに米の苗つくりが大変でもう他の家の分までは作りたくないと言い出したのだという。

――○○さん確か六十ぐらいだよね、まだ高齢とは言えないな

――今まではお子さんを三人も大学に入れて経済的に大変だったのが皆卒業して働きだしたから、余裕が出、もうそんなに苦労して稼ぐことはない、と考えたのかもね

 我が家の田んぼは70aしかない。米作り小農家なのだ。毎年30kg袋が120体前後しか獲れない。30kgが6500円として、約66万円にしかならないのだ。

 自分で米作りをするのにはトラクター3~500万円、コンバインも同じぐらい、もみすり機数百万円、軽トラック100万円、要するに1000万円程度は最低必要なのだ。つまり、自分で作ってはとても採算がとれないのである。だから、機械をもっている他の大きな農家に頼んでいるのだが、用水分担金や肥料金などを合わせると米出荷代と同等になってしまい、作ってもへたをすると赤字になるのである。それなのに何故作るのか。それは作らなければ土地が荒れるし、周りにも迷惑がかかるからなのだ。

 この地域に限らず近隣の地区でも、荒れた田んぼをよく見かける。高齢化と国の大農家優先の政策もあって、米作りをやめる農家が多くなっているのである。二人で話し合い、引き受け手がいなくなったのだから、これを潮時に米作りはやめる方向で検討しようということになった。

 その後、まほろば温泉のそばにある農産物直売所「ゆうゆう直売所」に出向いた。最近相方がここに農産物を出荷できるように登録をしておいたのだった。何年もどこか出荷できないか探していたのだが、どこも断られてしまい、やっと念願がかなったのである。

 商品の包装、値段の付け方、店頭での並べ方、分からないことだらけで、不安を抱いての初出荷だった。しかし、案ずるよりも産むがやすし、である。包装は用意していったもので不都合はなく、値段は他の人が出した同じ商品を見習えばよく、バーコードは店員がその場で作成してくれ、並べ方は空いているところに他の商品を見習えばいいのだった。

 今回は六個入り干し柿のパック500円を五つ、300gの乾燥芋250円を六つ、展示した。結果的に、干し柿4パック、乾燥芋1パック売れたことが分かった。次の日はあまり売れなかった乾燥芋は200円に値下げして並べ、新たにアロエベラ250円を10枚と200円のを4枚ならべた。試しにと持って行った大きなカブ100円を2個並べたところ、すぐに中年の男性が2個とも買ったので、私はおもわず笑ってしまった。

 店頭で様子を見ていると、どうやら葉ものはよく売れるようなので、次はほうれん草や春菊、水菜などを並べてみようと話し合った。

 かくて、農産物の初出荷は上々の滑り出しと言えそうである。店員はパートで毎日代わるらしいが、どの人も親切で、いろいろトラブルがあると聞いて懸念を抱いていたのが、どうということはなく何とかなりそうなのでホッとした。

 出荷がかないそこそこ売れそうなのがわかったので、作物つくリにも張り合いが感じられるというものである。
 

気分を良くして、直売所からの帰りの道で、

――妹さんのところへ寄って行こうよ

 と、私は言った。もしかしたら、米作りを頼めるかもしれない、というおもいがよぎったからである。相方も同じおもいがあったようだが、五、六年前に似たような状況のとき断られたので、頼むわけにはいかないとおもっていたという。米作りを断られた話をし後は世間話をしただけで戻ってきた。私は反応がなかったので、農協や町役場の農林推進課に相談し、それでも引き受け手がなければ米作りは諦め、米は買って食べればいい、そう腹をくくるべきだと相方に進言したのである。
 

しかし、である。帰宅して間もなく、相方の妹さんから電話がかかってきた。米作りを引き受けてもいい、と旦那さんが言った、と。相方は喜びありがとうを何度も繰り返していた。

 米作りを断られてしまったと話せば頼まずとも、引き受けてくれるかもしれないという私の目論見は、その通りになったということになる。私は内心でしてやったりの気分だった。

――困って来たのだろうが、言い出せずに帰ったのだろう。姉さんとしては今まで守ってきた土地を荒らしてしまうのは忍び難いだろう、俺としても姉さんの力になってやりたいから引き受けるって言ってやれ

 そう言ったのだと、妹さんは相方に嬉しそうに、またホッとしたように電話で知らせてくれたのだった。
 
 ここ数年、我が家はいいことずくめで、運気が上向き続きである。これは相方と共通した認識だ。

 何故、我が家は運気が上向きなのか――

 二人とも常に前向きに生きている。

身体の健康は心が健康でなければかなえられない。身体と心は一体なのだ。どちらが欠けても健康にはならない、との教えを信じて、身体のために常に十分な栄養を、ことにビタミン、ミネラルなどの必須微量栄養素を摂る。よく眠り、良く働く。マイナスのことを言わない、考えない、思わない。潜在意識をいつもきれいにし、汚さない。これを実践してきた。
 冒頭に記した、私が常々口にしたり思ったりしている言葉は潜在意識をクリーニングするためのものなのである。

 潜在意識がきれいになれば健康は保たれるし、願望も叶えられるのだ。マイナスのことを口にしたり考えたりすれば潜在意識は汚れる。潜在意識が汚れれば健康は損なわれる。なぜならば、潜在意識は宇宙と繋がっていて、その宇宙からエネルギーを貰い、そのエネルギーを絶えず身体の各部に供給しているからだ。身体の臓器はひとりでに動き働いているわけではない。眠っているときでも、潜在意識が絶えずエネルギーを送って動かしているのである。だから、潜在意識が汚れれば、曇った日に太陽光が地表に届かないと同じで、身体に供給されるエネルギー量がぐっと減ってしまう。身体がガソリンを供給されない車と同然となってしまうのだ。そうすれば身体が不健康になるのは理の当然だろう。

 潜在意識を目で見ることはできない。目に見えないので、人生で大きな役割を担っている潜在意識の存在自体を知らないまま生涯を終えてしまう人は多い。潜在意識の構造や役割を知っていると知らないのでは、雲泥の差なのである。潜在意識を知って、上手に使えば人生を幸福に導くことができる。潜在意識を知らなければ使いようもなく、行き当たりばったりで生きるしかない。行き当たりばったりでは潜在意識をクリーンに保つことは出来ない。だから成功も出来ないし、健康を保つことも出来ないのである。

 ところで相方は私とは少々違うが、潜在意識を意識した生活を送っている。どこが違うのかというと、彼女は日々セルフハグを実践しているのである。

――洋子(自分の名)、愛してる、とっても愛してるわ

 と、自分の胸を抱くように優しく手をあて、折に触れて自分に語り掛けているのだ。

――洋子、これまで大変だったけどよく頑張ったわね、偉いわ

 と語り掛けることもある。

 このセルフハグも潜在意識をきれいにしたり活性化させる作用があるのである。

 二人とも潜在意識を意識し、それを利用しているので、我が家の運気が向上しているのである。いいことばかりが起こる由縁である。

 11月は我が民宿に毎週末お客さんが入った。

どこにも出荷先がなかったのに、農産物直売所に出荷がかない、そこそこ売れることが分かった。

米作りが出来なくなる危機に陥ったが、その日のうちに後釜が見つかった。

これらは私と相方がというよりも、二人の潜在意識が願望を叶えてくれたということなのである。そう私は考える。

2018年12月10日

スマホを購入して

 私はこれまでスマホ(スマートフォン)を持っていなかった。

 インターネットはパソコンで事足り、電話はあまりかけないので携帯電話は今持っているいわゆるジジババ携帯といわれる旧式の、月額料金1600円のもので十分とおもっていた。

――今の時代はスマホぐらい使いこなせないと、時代に乗り遅れてしまうわ

 そう言って、相方に盛んにすすめられたが、スマホを持たなくとも、パソコンは人並み以上に操作できるのだから、時代に遅れはしない。スマホの月額利用料は安くとも六、七千円と聞いていたので、もったいないと踏み切ることはなかったのだ。

 しかし、必要にかられて最近やっと携帯からスマホに機種変更した。そのときdocomoの担当者に、

――確かに電話はあまり使われていませんね、先月は電話の使用が40円でしたもの

 と、呆れたように言われたものだった。

 必要にかられたというのは、世界展開の二つの民宿の予約仲介サイトに登録したからである。

 今まではるるぶトラベルと楽天トラベルという二つの国内の予約仲介サイトだけだった。この二つのサイトはFAXで予約の通知が入る。

 しかし、最近新たに登録した楽天LIFULLという出来たばかりの会社が立ち上げたVacation STAYという予約仲介サイトと、アメリカの予約仲介サイトAirbnbは予約通知はメールなのである。

 Vacation STAYは自己のサイトだけではなく提携予定の世界展開している外国の六つのサイトに順次自動的に掲載されるという。

 六つ全部に掲載されるには多分半年ぐらいかかるのかもしれない。というのは最初の欧米展開のbooking.comに掲載されるまでに二ヶ月半かかったからである。

 このbooking.comから初予約が入ったのが最近で、そのいきさつを綴ったのが先日発表した「世界展開」である。

 我が柿農園が全部に掲載されたとすると、Vacation STAY自身、booking.comを含めた六つのサイト、それに最近登録のアメリカのAirbnb、合わせて八つのサイトで表示されることになるわけだ。

 どのサイトから予約が入ってもメール通知なので、私は日に何度もパソコンをチェックしていた。

 ことにAirbnbはゲスト(お客さん)からの問い合わせなどに迅速に対応しないと施設の評価が下がってしまうという。だから、予約通知に即応しなければならない。そうおもって、パソコンの前に毎日貼りつくようにしていたのである。

 先日宿泊したお客さんが言うには、パソコンに入ったメールをスマホで確認する方法があるという。

――そうか、スマホを買って、メールをスマホに転送してもらえば、今までみたいにパソコンに貼りついていなくともいいわけだ

 そこで、さっそくネットで調べることにした。すると、メールソフトには他に転送する機能が備わっているとある。私は三つのメールソフトを使っている。Windowsメール、outlook、Mozilla Tunderbird、の三つ。

 一般的に使われているOutlookだと転送の設定方法も載っているではないか。これだと、無料で転送が可能である。しかし、民宿関係は全てMozilla Tunderbirdを使っているのだ。すべての仲介サイトに、ここで使っているメールアドレスを登録してある。変えるとしたら、えらい作業になりそうだ。今更変えることは不可能に近い。

 Mozilla Tunderbirdでも転送は出来るらしいのだが、探しても転送方法が見つからない。尚も検索すると、転送サービスを提供しているプロバイダがあるという記事に出会った。私のパソコンの接続プロバイダはplalaという業者である。すぐにそのサイトを開いてみると、月額217円で転送サービスを提供しているとある。その程度の料金ならたいした負担ではない。これだ!、と私はハッシと膝を叩いた。

 これでスマホ購入が決まった。

 相方に話すと、

――そう、よかったわ、スマホはいろいろな事が出来るから便利よ

 と、喜んでくれた。

 Docomoの担当者が、

――自宅にWi-FIを導入していますか

 という。

――ええ、女房のノートパソコンのために

――どんなタイプのものですか

――どんなって、パソコンのルータに接続してありますが

――ああ、そうですか、それはスマホにも使えますよ

 インターネット接続はWi-Fiを利用、私は電話はほとんどかけないので、最低料金のプランを選べば、月額利用料金は4~6000円に抑えられるという。通信量が1G以内なら4000円、3Gまでなら6000円。ただし、電話は一分ごとに40円加算される。10分だと400円である。私の場合、外出したときの連絡に使うだけだから、10分はかけないとおもう。そもそも私は外出はほとんどしないのだ。

 ということで、最低料金のプランを選び、一般的なスマホよりもやや細長く、画面が少し広い機種を購入した。画面が広いものを選んだのは、Airbnbのゲストとのやり取りを想定してのことである。

 いくらパソコンが出来るといっても、スマホは初心者だから操作は簡単ではない。メールが受信できないので、購入プランの中にある遠隔サポートを受けるべくdocomoのサポートセンターに電話をした。すると、メール受信のためにはdアカウントを登録しなければならない。そのためには四桁のネットワーク番号が必要ですがわかりますか、という。Docomoで渡された書類を見ると、ネットワーク番号は四つの米印になっていて、番号は書かれていない。要するにパスワードだから書類には記載されず、本人に直接提示されるものなのだ。それがわからなければ、どうにもなりません、もう一度docomoの販売店に行って下さいという。

 やむなく次の日、購入したdocomoの販売店に出向いた。

 担当者が私の運転免許証をコピーしたりして、ネットワーク番号の再設定をやってくれた。私は操作が複雑でまだ慣れていないから、メールが受信出来るようにだけは設定して欲しい、と頼んだ。三十才ぐらいとおぼしき若い男の担当者は、あれこれやっていたがなかなか設定出来ないようだった。専門家がなかなか出来ないのだから、スマホを持ったばかりの私には無理だな、とおもいながらその様子を見ていた。

 設定が終わってスマホを渡され、

――家に帰って受信できるかどうか試してください

と言う。

――もし受信できなかったら、またここに来なければならないじゃないですか。私の家は遠いんです。今ここであなたが私宛にメールしてみてください。そうすれば受信設定が出来ているかどうか分かるでしょうよ

 そういうと、担当者はあわてて持っているタブレットを操作した。

 即座に私のスマホの受信トレイに、テストという文字が表示された。やれやれ、二日がかりでやっとメールが可能になったなとつぶやきながら、店を後にした。

 Wi-Fiを使う前提で、一番安い月額利用料のプランを選んだのだが、離れにいるときはいいが母屋に行くと電波が弱いことが分かった。

 ふと、脳裏をかすめたものがある。以前大田原市のシルバー人材センターに登録して勤労者福祉センターに勤めたことがあった。そこの若い所長がパソコン関係に詳しく、安くて優れたホームネットワークの無線ルータがあると教えられて、確か四、五千円だったとおもうが購入したことをおもいだしたのだ。要するにWi-Fiルータである。しかし、接続方法がわからず、ノートパソコンに接続できないまま放置していたのだった。探すと本棚の上にあった。取り出してルータに接続してみると、「強烈パワーアンテナ搭載」とあるだけあって、遠くまで電波が届くようである。

 20mのLANケーブルをネットで取り寄せ、離れのパソコンそばの窓から母屋の二階の窓まで伸ばして、二階の部屋に「強烈パワーアンテナ搭載」Wi-Fiルータを設置した。スマホで確かめてみると、母屋の一階でも電波の状態は「強い」と表示される。これで一気にいろいろなことが解決した。確か四年ぐらい前に買ってあったものだが、今頃になって役に立つなんておもいもしなかったことである。私は勤労者センターの若い所長に、心の中で、ありがとう、と口にして言った。

 これで、私が母屋でもスマホを使えると同時に、希望のお客さんにもWi-Fiを使って貰えるというわけだ。今の若い人はWi-Fiを導入しているかどうかを宿選びの条件にするという。さっそく我が柿農園のサイトにWi-Fi導入済と記載した。

 さて、これまでにも台湾、ベトナム、アメリカ、中国といった外国からのお客さんを受け入れたが、ほとんどの方が日本語ができたので困ることはなかった。しかし、今後は日本語がわからない外国人が来ることも考えられる。全く日本語が理解できない外国人が来たときのために、しょっちゅう宣伝のメールが入る、「ポケトーク」という小型の翻訳機を買おうかと検討していたところだった。しかし、これは3万円近くもする。

 スマホに慣れるためにいろいろ操作しているうちに、「はなして翻訳」というアプリがあることに気がついた。これは十ヵ国ぐらいの言語に対応していて、例えば中国人と対面したとすると、マイクボタンを押して、「こんにちは」というと中国語の「ニイハオ」が漢字で表示され、スピーカーボタンを押すと音声で「ニイハオ」と発音してくれる。同じような操作で逆に中国人に言って貰えば、それを日本語に訳して、発語してくれるという便利なものなのだった。

 対応言語は、英語(アメリカ、イギリス、豪州)、中国語(北京、台湾、広東)、韓国、フランス、ポルトガル、ドイツ、イタリア、スペイン、タイ、インドネシア、とあるので、十分のような気がする。

 使用の際は通信量が増えて通信代が高額になる場合があるので要注意とあるが、Wi-Fiを利用すれば通信料はかからないともあった。我が家では母屋にも離れにもWi-Fiを設置したので安心である。これで「ポケトーク」など買う必要がなくなったわけである。

 ともあれ、プロバイダPlalaのメールの転送サービスの契約を済ましたので、畑仕事で外にいても、スマホをそばに置きさえすれば宿泊予約が入っても、パソコンがある離れまで駆けつけなくとも対応できるようになった。
 

 今更ながらに、スマホに変えてよかったとおもう次第である。

2018年11月22日

世界展開

 つい先日のこと、朝六時に起床しパソコンのメールを確認すると、宿泊仲介サイトVacation STAYに予約が入っていることが分かった。

 これまで登録していた仲介サイト「楽天トラベル」と「るるぶトラベル」は電話のFAXで入るのでそんなにパソコンを確認する必要はなかったのだが、Vacation STAYはFAXではなくメールなので、一日数度はパソコンを確認しなければならない。Vacation STAYは出来たばかりのサイトであり、順次世界中の主要サイトと提携し、掲載されるというので、世界サイトを検索しながらいつ我が柿農園がそれらに現れるのか楽しみにしていたのである。

 Vacation STAYには、まずは日本の楽天の会員から予約が入るでしょう、それから外国人も入るようになるはずですが、断言はできない、というようなことが記述されていた。

 いつ予約が入るか分からないのだから、絶えずパソコンを確認していたのである。

 それで欧米で展開しているbooking.comというサイトに掲載されたのが約一週間前のこと、英文の説明があって、現在翻訳作業中なので更新までしばらくお待ちください、とあった。表題に我が柿農園は「別荘」とされているではないか。フフ、別荘か、とおもわず含み笑いしてしまったが、しかし、我が柿農園の母屋は純日本古民家風の風格を漂わせているのは確かだから、翻訳者が日本の田舎の「別荘」と判断したのも無理からぬことであると納得した。翻訳作業中なのだから、予約が入るとしても更新されてしばらくしてからのことだろうと予想していた。しかし、予約メールをよく見ると楽天ではなく、booking.com経由での予約なのだった。おおっ、世界展開の端緒かな、と感慨があった。

 しかも、その日のうちにチェックインとある。あらら、と少々あわてたが、考えてみると「インスタントブッキング」として登録したのだから、当日の予約が入ることも承知の上だったのである。予約者の氏名を確かめると、「chon Sse Ju 」とある。人数は大人五名。一泊。料金は手数料込みで三万四千円余。手数料を差し引いて約三万円が我が家の収入となるわけだから、条件はいいのだ。ただ、欧米が主とはいえ世界展開の予約サイトである。氏名だけでは、どこの国の人なのか分からない。不安感が芽生えたが、深呼吸して気持ちを落ち着け、とりあえず相方に知らせることにした。

 案の定、相方はいろいろな角度から覚えた不安を口にした。

――大丈夫、私が全て対応するから安心して

 といい、私はそれ以上何も言わないことにした。不安を煽ることになりかねないから。

 日本人であれ外国人であれ、化け物じゃない、同じ人間である。たとえ言葉が通じなくともどうにかなる、と私は常日頃おもっている。

 予約メールにあるゲスト(お客さん)のメールアドレスに、

――ご予約ありがとうございます。お待ちしております。何時ごろこちらにお出でになりますか、教えていただけると幸いです

 と送信した。すると、英語で返信が来た。英語が堪能ではない私にはよく分からない。ちょっと泡食ったが、普段Googleの翻訳サイトを利用していたので、その英文をコピーしてそこで日本語に翻訳してもらうことにした。

――星の観察が目的で、会場を出るのが夜の九時頃なので、ホテルに着くのは十一時になります

 と訳された。

 遅いが、食事は朝食のみの登録なので、夕食は出さなくてよい。何ら問題はないとおもい、折り返し、

――了解しました。暗い中、お気をつけてお出でください。お待ちしております

 と、送信した。

 Vacation STAYに登録したのが八月末、それで予約が十一月初めだから、約二ヶ月で初予約が入ったことになる。出来たばかりのサイトに登録し、しかも別のサイトとの連携でその別のサイト経由で予約が入ったのである。世界展開の風に乗る上々のすべり出しのような気がする。私は内心で一人密かに万歳を叫んで、お祝いをした。そして、ありがとう、と口の中で呟いた。

 ところで十一月は、第一週を除いた週末は全て予約が入っていた。つまり第一週のみが空きだったのだ。私は相方に何度も、そのうちそこにも予約が入る予感がしているんだと言っていたのである。しかし、日を重ねて前日になっても入らないので、予感は外れたなあ、と半ば落胆していたのだった。それが意外や意外、当日入ったのだから、あっ、やっぱり予感は当たったんだと自分でも驚いたものである。

――あなたって、信念が強いのねえ、きっと予約が入るような気がするって何度も言ってい

たものね、凄いわ

 と、相方が言った。

 この二年ぐらい人生哲学を学び、

――人はおもい描いた通りの人生を歩む

 とおもっていた。

 我が柿農園を世界展開させるという目標をたて、世界展開のサイトに登録したのだが、そのおもいの通り外国のお客さんが入った。第一週の週末にも予約が入るとおもい描いていたところ、やはり当日予約が入った。人生という大袈裟なものではなく、ほんの小さなことに過ぎないかもしれないが、おもい描いた通りになりつつあるのは事実だろう。

 そうこうしているうちに、午後になってVacation STAYのサポートセンターから電話が入った。直前予約が入っているが、大丈夫ですか、と言う。若い女性の声である。登録後初めての予約で、サポートセンターとしても受け入れ側の様子を確かめたかったのだろう。

――ゲスト(客)様に、そちらに電話するように言っていいですか

 という。

――どこの国の方ですか

――分かりません

――言葉が通じればいいんですが、通じなかったらどうしましょう、電話じゃ身振り手ぶりもできないし・・・

――・・・・・・・。

 私はGooglの翻訳サイトを思い出し、

――メールでのやり取りでいいですか、その方がいいのですが

――そうですか、中国の簡体とありますし、名前の感じでは、多分中国か香港、台湾の方だとおもいますが・・・。それで、国籍は日本とあるんですよ

――ふーん、日本国籍? ・・・ともかくメールでやりとりしてみます

――じゃ、対応をお願いします

 夜になって、Vacation STAYの担当者との電話でのやりとりを相方に話すと、彼女の中で不安感が一気に増大したようだった。

――どこの国の人か分からないなんて、ちゃんと聞いたの

――サポートセンターの女の子だって、分からないんだよ

――何だか、嫌だわ。ほんとに来るのかしら、あなた言葉が通じなかったら、どうするの

――大丈夫だよ、言葉なんか通じなくたってどうにかなるさ、これまでだって平気だったじゃないか

――わたし何だか、気味が悪くなってきたわ

 姿の見えない、見ず知らずのしかも外国人ということで、何か得体の知れなさが、疑心暗鬼を呼び込んでしまうのだ。相方の気持ちが分からないわけではない。私は気持ちを落ち着かせようとして、

――別に魑魅魍魎が来るわけじゃあるまいし、気味悪いなんて、あなたは今日は朝から仕事しっぱなしで疲れているんだから、もう横になったら。寝てもいいよ、夕食は出さないんだから、私が対応するから

 彼女は手掛けているアロエベラジュースのネットワーク関係の仲間が次の日に大勢来ることになっていたので、前の日から準備をしていたのである。そこに急遽宿泊予約が入って、二つのことが重なったことになり、多少パニクリ気味だったのだ。私の言葉で少し安心したようで、

――まさか、挨拶ぐらいはしないと。来るまで、ソファで横になってるわ

 と言う。

 八時になって、私はともかく電話してみよう、とおもい、ゲストの電話番号を確かめた。+81 70 1672 6652とある。これが分からない。外国に電話したことなどないのだから。ただ、以前一度だけ同様の番号に電話した時つながらず、ネットで検索して、+81を取って、「0」を付けてダイアルしたところ繋がったことをおもいだした。

 そこにまたVacation STAYからメールが入った。

――ホテルに向かっているが、正しい住所を教えてください、とメールが来たので対応してください

 私はすぐに住所をゲスト宛てに送信した。

 時間が過ぎ十時になったので、070 1672 6652に電話した。

――もしもし、柿農園と申します、今どこにいますか

 なにやら話し声がし、やがて、若い女性の声で、

――遅くなってごめんなさい

 という。明らかに日本人ではないイントネーション、片言ではあるが、日本語である。

――いえいえ、大丈夫ですよ

――あと二十五分で着きます、よ、ろし、く、ね

 どうやら日本語が分かる人のようで、ホッとする。車で我が柿農園に向かっているようだ。そばで聞いていた相方も、

――女の人の声よね

 安心したように言う。

――そう、若いひとだよ、日本語わかるみたいだ。二十五分ぐらいで来るって

――ああ、よかった、女の人たちなのね、じゃ、わたしお茶の用意をするわ

 そう言って、立ち上がる。

 十時半、暗闇の中、白い車が到着し、私は懐中電灯で駐車場に誘導した。車から降り立ったのは、女性三名、男性二名、の二十歳前後とおぼしき若者たちだった。

――大学生ですか

 と聞くと、

――いや、日本語学校の学生です

 皆ニコニコしていて明るく感じのいい若者たちである。「案ずるより産むがやすし」である。疑心暗鬼になる必要などさらさらなかったのだ。

 いろいろ聞くと、台湾から日本語を学びに来、半年から一年になる。日光に観光に来たのだが、ホテルや旅館はどこも満室で困っていた。遠いがたまたま空いていた我が柿農園を検索して予約を入れたのだった。当日急遽予約が入ったわけがこれで分かった。

 話しているうちに、お互いにすぐに打ち解けて、デザイナー、ホテルマン、警察官など志望しているとまで教えてくれる、気持ちのいい若者たちで、二十歳前後に見えたが、実際は二十七、八才で、出来れば日本に永住したいのだという。

 つい一時間前までは不安に駆られていた相方は若者たちに接するや、弁舌さわやかに振る舞い、たちまち若者たちを魅了した。親身になって世話をし、心のこもった話をするので、お客さんは相方の人柄に引き込まれてしまうのだ。いつものことだった。

――台湾にいるオモニを思い出すわ

 とか、

――ここに来られて本当によかった

 と言われて、相方は嬉しそうに頬笑んでいる。

そういえばこれまで我が柿農園に宿泊した台湾やベトナムの若い人は、日本に憧れを抱いている場合が多かったような気がする。

 ともあれ、我が柿農園の世界展開の幕は切って落とされたことは確実なようである。

 脳裏をかすめるものがあって、booking.comの我が柿農園のページを再度開いてみた。表題が気になったのだ。別荘Kakinouen/Vacation STAY 3939と大きく表記されている。気になったのは数字で、どこかで見たことがあると感じたのである。そして、すぐに、そうだ、我が家の車のナンバーと同じだと気がついた。

 車のナンバーを取ったのは相方で、39すなわちサンキュー(ありがとう)をダブらせて3939、要するに感謝を強調する意味を込めて取った数字なのだった。39はゴロも響きもいいので、私もパスワードなどの数字部分に使っていた。Sakazuki39といった具合に。

 Vacation STAYの担当者は我が家の車のナンバーなど知るよしもないだろうから、単なる偶然なのだろう。しかし、私には哲学者ユングがいうところの「意味のある偶然の一致」「共時性」におもえたのである。海外の仲介サイトに縁起のいい我が家の車のナンバーと同じ数字がついたのだ。これはきっと多くの海外のお客さんの目に留まるに違いない。

間もなく世界的に展開されているアメリカの仲介サイトAirbnbにも登録されることになっている。

外国のサイトから多くの予約が入る予兆ではないか――。そう私はおもった。

2018年11月20日
» 続きを読む